アウトプットに慣れてみる

先日、『モーニングページ』について書いたら、
朝活を始めようとしていたクライアントさんから、
「タイミングがドンピシャー」とお便りをもらいました。

よかった。
(嬉しい)

 

書くネタは割といつもあるのですが、
書きおろす時機は図っております。

「今かな」「もーちょい寝かしとくかな」「削るかな」とかね。

なんとなくあるのです。そういうのが。

 

なので、
万人には受けずとも、
何処かの誰かには良きタイミングになってるのであろう!と思っているので、
たまにリアクションをいただくとやっぱり嬉しいです。

反感すらたぶん良きタイミングなのでしょう。

本当に無関係であれば、反感やイラっとする気持ちは起こらないものね。

(実体験にて)

 

って、こういうことを連続で書いているということも、
誰かの何かにサクッとヒットするようにってことなんだろうな。

と延々ループで考えます。

 

・・・まあ・・・その誰かが人間とは限らないのだけど。
私の場合。

今週は何が起こるかな〜。

 

 

あ、ちなみに『モーニングページ』だけの話ではないけれど。

自分の胸の内を書き出すときは、
「何を書いてもいい」と思って、ネガティブ罵詈雑言ばっちこいで行きましょう。

ためらう人が多いですが、
一瞬でも心に思い浮かんだ時点で、それ存在しちゃってるので。

書かなかったとしても、それ、もうあなたの中で【在る】んですよ。

なので、しれっと抑え込んだとしても、
なかったことにもならないし、むしろ抑え込めたら中で腐敗してえらいことになるかも。

そうなる前に、
書くことで、自分の外に一旦出して、切り離したほうが良いのね。

なので、気にせずに、むしろそっち多い目でいいから書いてみよ。怖くなーい。

 

で、アウトプットに慣れてくると、冒頭書いたみたいなタイミングもわかってくるかもなのです。慣れ大事。

 

書き出しのウォーミングアップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です