波動が下がってるときのつづきの話

波動が下がったときについての記事を書きました。

自分の波動が下がってるときー

 

波動が上がる下がるするのは
ふつーに日々あることなので、必要以上に気に病むことはありません。

が。

いつもよりガクッと下がるのは
まあまあしんどいですから・・・
早く戻す方がラクでございますね。しんどいのを続けなくて良いでしょ。

 

波動低めでおりますと、
まーなんか愚痴、悪口、妬み、嫉みなんかの感情がワーワーきますし、
思考もネガティブ、下向きがち。ついつい批判もしたくなる。
うっかりそんなことばっかり口にもしてしまいがち。

そーしますと。
おんなじような波動の人とは居やすいので、
波動低めの人とは盛り上がれますが、
波動高めの方は「うーん・・・」と何となしに離れて行きます。

つまり、あんまり続いていると。
自分が一緒にいたいと思う、楽しい人、素敵な人、憧れの人・・・なんかとは
疎遠になってしまいかねない。

 

どっちがいいか、という話ですけどね。

 

もし自分が、毎日楽しく、ハッピーに!上向きで進んで行きたいっすー!
と思うのであれば、
そもそも自分を高めにするようにしておきますと、
周りもそういう人になりますし、望んだ方に進みやすいでしょう。

下がったときに、
そっと人とは距離をおいて、じっくり自分を休ませて安らがせてあげときますと、
一緒にいたい人にも迷惑をかけることなく、
自分を戻すことに専念できるかと思います。

いい人はね、
そういうときに嫌味とか言ったりしないからね。

 

で、逆に近しい人が下がったとき。

それはそれでもちろん心配ですが・・・
「まずは自分」ということで、
やっぱりそっと離れて、相手の回復を待ってあげるのが良いかな、と思います。

下手に干渉しすぎず、
自分の安定に心を砕いている方が、
どっちのためにもなるかと思います。

もしくは、
オカンのごとくズカズカ行くか、ですけど・・・
(たまに私もやりますけどね)

その距離感を相手に使って差し支えないか、っていうのと、
そらもうオカンのですから、最後までがっつり受け止められるか、
自分の器をしっかり見極める技量もいるのよねー。

 

波動とか、エネルギー的な話から入りましたが、
やっぱり最後は、自分を知っていること、相手を理解しようとすることっていう、
普遍的な話になるのよね。

技術的には、
エネルギーでサーチすることも可能なんだけどね。

サーチできても、
対応できるかどうかは別の話だからね。

 

新年度で環境が変わった人も多いはず。

自分は変わってなくても、
家族が変わったり、職場で移動してきたりと、なんかしら周りは大抵変化があったでしょう。

思ったよりも、
気を遣ったり、回したり、配ったりして、
知らず知らずに消耗してることが多いと思います。

じっくり休息を取るのも
自分にとってだけでなく、周りにとっても、大事なんだよー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です