仮定のメガネ

頂くメールに
「引っ越しの忙しい中すみません」をお気遣い頂くことが増えました。

こちらこそ気遣わせてすみません!
全然大変じゃないです・・・大してやってないです・・・

カアアアア(恥ずかしい

 

モチベーションアップには、
片付け関連本をさらっと読みます。

Kindle Unlimitedで見つけたので、
『見てわかる、断捨離 決定版』を一昨日読みました。

断捨離本を読むのであれば、
やましたひでこさん自身の他のご著書よりも・・・
具体的なアプローチ法や体験談が載っている、
こういうムック本をお勧めします。
(もちろんやましたさんが著者となってますけど)

とりあえず、すぐに取り掛かりやすいから。

 

私自身は、
どんどん買ってしまうタイプで片付けがおいつかない人間だったんですけど、
「捨てる」「手放す」はもともとあまり躊躇いがないんです。
というか、

「『本当に欲しいものが買えなくて、妥協して買うから、結局増やしてしまう』
ことに罪悪感があって、捨てられなかった」ので、

そこに許可を出せるようにしたら、バンバン手放して、今はうまいこと回るようになったのでした。

 

はっはっは。まあブロックでしたね。
っていうと、すぐ外す方向に行きがちなんですけど。
いや外した方がいいに越したことはないし、外したほうがいいし、そうやって自分も外してきたんだけど。

 

なんかもう私としてはね、
こーやって私とかがブロックってネタバレしてくらいなんで、
とっとと動いて捨ててくのもいいんじゃないかな、と思う。

『断捨離本』の通りに無理やりやってもいいし、
「藤咲が捨てろ」って言うからしぶしぶやるのでもいいし。

 

よく言われている、
「本が溢れて管理できないけど手放すのもできないのは『承認欲求の強さ』」  とかそう言うのを目にしたら、
もう「ああああんまさにそれだわ恥ずかしいいいん」って悶えながら
とりあえず目につくやつブックオフ持っててもいいんじゃないかなって。

で、
「ハア?そんなことないけど!?」

ってイラッとしたら
それはそれでまた、引っかかっておりますし(ニヤニヤ

「どうかなあ?大切だけどなあ?」ってなったら、

【もしも目の前の本たちが『自分の承認欲求の強さ』の表れ、だとしたら】

という『仮定のメガネ』をかけて、もう一度見ても良いと思うんだよね。

「いや、本は私とって◯◯だ!」って新しい価値観がみつかるかもだし、
「じゃあこれはもういらんな」って選別が始まるかもしれない。

 

本のことばかり、よく書きますけど、
私、無類の『本好き』です。
やばいくらい好きです。読書自体がエネルギー源なんじゃないかって思うくらい。

そんな私、今では「連載が続いている漫画」以外は、
ほとんど手元に本がないです。

好きだから、絶対手放せないってこともないんだなあと
身を以て感じています。

 

いや、いつも言ってるけど、手放せって話ではないんだけどね。
いっぱい持つってゆーのもいいからね。
掃除はしたほうがいいけどね。ホコリすごいから。

 

もーちょっと、身軽に自由に考えられると、
動くのも楽になるよーな気がするよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です