チャネリングできてたとしてもね

最近、っていうかまあ長らく、
ずーっと上(高次)と押し問答している案件がありまして。

向こうに言われることに対して、

「いやいや、そんなこたあない、
このやりとりごと妄想もうそうはい妄想」

とかしてたんですけど・・・そればっかりだったんすけど・・・
他の人にちょっと入ってもらいまして、
妄想じゃないことが判明しましたので(いやそれも何度目)
いい加減受け入れることにした次第です。

・・・つっても
簡単に「はいそういうことですね!オッケーオッケー」とは思えるタイプじゃーないので、
がんばります。

 

チャネリングは、わたくし教える立場ではございますが、
自分のことになるとなかなか難しいのであるよ!

『メッセージを受け取ること』と
『そのメッセージの質を精査すること』と
『そのメッセージを受け入れること』は!

また!別!そう。別。
わたしにとって、最後の「受け入れること」が難関だったりする。

向こうの常識は、私の非常識であり、
私の常識は、向こう(高次)の非常識でもあり、

なかなか大変なときもあるのだ。これが。

向こうの意見に、「パラダイムシフトオオオオオオ!」と私は叫んだし、
私の思考パターンに「なんでそうなるのおおおお!?」と向こう(高次)は嘆いていた。

そういうわけで、
頑張って、ごん!ごん!と音を立てるべく頭を切り替えながら、また進んでいくよ。

 

ちなみに、
チャネリングできなかったり、他のチャネラーの検証の手助けをもらえなくとも、
割と現実で、
友人に言われる言葉や、メディアから聞こえてくる言葉、本から飛び込んできた一節に、
上からの「大事なメッセージ」は入っているのだよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です