いまさら『断捨離』本を読む

前のブログから、

片付け片付けいってましたが、

そういえば『断捨離』の本をまともに読んだことがないわ、と思い。

提唱者のやましたひでこさんの本をごそっと読んでいます。

 

きっかけは、

本屋でぱらっと読んだ、著者の新作を読んで、

「んんん?それどうなの?」と引っかかったから。

 

なんで引っかかるのかな?と思いつつ、

とりあえずちゃんと読んでから考えようと。

1冊1冊はすぐに読み終わるので、もーちょっと続けます。

こういうメソッドや考え方の本は、

何冊もの本を集中して読むことで、エッセンスが浮き上がってきます。

 

そして今回の効能は、すぐさま片付けたくなることです。笑

 

断捨離は片付けを通して、自分と向き合うものですが、

大事なのはゴールで、

結局なんのメソッドを使ったってよいと思うのです。

やればね。やりぬけばね。

何もスピリチュアルにこだわる必要はないと。

(ここでこだわるのが、もう違う気がします)

 

が、スピリチュアルを活用するのはよいと思うのですね。

要・不要をエネルギーで選んだり、

捨てるときに浄化したり(部屋もね)、

出てきた気持ちを消化(昇華)したりするのにね。

 

しかもね。

モノとの向き合い方は、自分だけでなくヒトとの向き合い方にも

つながるので、

ブロック解除の掘り下げになっていくものも多いなあと。

家族関係とか大きく反映されるしなあ。

だからやっぱり片付け大事。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です