講座を受けるときにもっておくとよい視点

階段のいちばんうえから転げ落ちるとこれくらいかな?
ってくらい身体が痛いんです。
骨折れてんじゃないかな?ってくらい痛いんですよね、これが。
この3日くらい。
割とシャレにならない状態ですけど、「たいしたことない」と思われがちなのが切ないです。

あー明日の名古屋講座までに治るといいなあ。

(講座はちゃんとやるから安心してくださいね)(仕事中はドーパミン出てるから平気)

 

最近、
音声付きのメール講座を受講していまして、
「メールだけの講座と、音声付きってやっぱり違うなあ」と思いながら聴いています。

熱量や想いが伝わってくるのですよねー。あと、強調してるところがわかりやすいよね。
そうねー、だから対面の講座ってもっともいいよねー。
しかし、対面はしょっちゅう行けるわけではないので、
週に何度も音声で聴くっていうのは、感覚をインストールするのにすごく効果があるんだなあ。

私もなんかやりたいなあ。

 

・・・っていう、
受講者ながら「作る側の視点」でも受けています。
昔から無意識にそうしていますが、
改めて考えると、ただ受ける側の視点よりも、何倍もの情報が取れてる気がします。

は。かつて。受身に終始してしまった講座は、あんまり面白くなかったのかな。私にとっては。

 

セミナーでも学びを深める時に
「自分が講師をやるとしたら」という視点を持つことを勧めていますが、

再受講のときとかはさらに、
「自分が講座を作るとしたら」「講座を開催するとしたら」という視点も持てるといいですね。

上のと下のは、また全然違うのよ。

 

私などは特に
「教わったまんま話す」とか、「同じ表現を使い回す」なんかがすーごーく苦手です。

極力毎回全部変えたい(笑)

ので、そういう前提で受けてもいる気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です