そして食事制限は続く

生きとります。

断食明けからは、
完全なる菜食(しかも根菜・かぼちゃ・きのこ類NG)というハードな食生活です。
あー糖質制限て楽だったな・・・遠い目・・・

明けの1食目は、
少し食べて疲れ切って、30分横になって動けなくなるという、
「あーーー食べるってこんなに疲れることなんだな」という、
断食あるあるを久々に経験し。

いや、めちゃくちゃ疲れるんですよ。本当は。

断食翌日に、リワインドセラピーを受けに行っていたんですが、
「なんかめちゃくちゃ揉みやすい。今までダントツ」
と言われ、内臓が休まるとそうなるのかな〜?と不思議な気持ちになり。

(確かに受ける側も、身体が動くのが早いと思った)

しかし、内臓が動かなくなると全体的にぐっと下垂するらしく、
そこだけ死ぬほど痛くて悶絶してたら、
「この身体(私)には、3日断食は厳しいかもね〜」とのお話もいただきました。

なるほど・・・確かに・・・

 

そして今は、
摂取OKな野菜を片っ端から購入して調理して食べているのですが。
まあ、肉とか、せめてお豆腐とか食べたいですよ。
きびしーでございます。。

んが。

なんか、とにかくとにかくものすごーーーく

『血が綺麗になってるうううううう!』感がすごい。採血して調べてないけど。

すさまじいクレンズ感がします。体感覚でね。

力はぜんぜん出ませんが、
まあ菜食になるってのも意味あるんだなあ、とは思います。

やっぱりタンパク質や炭水化物はスタミナになるんだなあ。

そして、制限があるからこそ、レシピを増やすべく、これから調理のスキルががんがんに上がるでしょうね!

そうそう。
断食中に、ものすごーーーくオクラが食べたくなったですよ。
オクラ。
私。オクラは苦手で日頃食べられないんですよ。
(出された料理に入ってたら頑張るけど)
なのに、なんでか無性に欲しました。ずーっと食べられそうなレシピ検索してました。
身体が欲するってのは、究極、嫌いなものまで食べたくするのか!って驚きだったよ。

 

・・・っていうね。
大変だけど、まさに人体実験のごとく、いろんな発見があって面白いです。
あー今からだがこうなってんだなーってのも
よくわかります。

 

身体の声を聴くってこういうのでもあります。

リンパドレナージュの施術受けて、
リンパの流れがよくなるときとかって、めちゃくちゃ感覚あるんですよ。
ざーーーって皮膚の下を流れるのよ。
内臓が動いてるとかもしかり。

食べちゃいけない(合わない)ものを前にすると、
食べてないのにどこかがひきつったり、痛くなったり。

エネルギーも見えないんで、
まずはこういう、見えないけど確実にある『自分の身体の内側』の変化にフォーカスしていくってのも
一つのトレーニングにもなるかと思います。

鈍いとわからんからね。

 

あと、あんまり外側や他にばっかり気をとられてると、
身体はすねちゃったりするしね。

せっかくのオーダーメードな自分だけの器なんだもの。
大事にしたいですねー。

 

そうそう。
人生100年時代って言われてますが。
『目の寿命は70年』なんだって。眼科医さん曰く。

ああ!そうか!医療は発達しても、パーツ自体の寿命は変わらんよねー。
やっぱり大事にしないとねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です