最近のトトノエ 〜クローゼットの中身〜

すっかり季節が変わりましたので、
クローゼットの中が落ち着いてきました。

半袖と長袖が混在してたから、
ちょっとわさっとなりかけてたね。仕方ないけど少し嫌だったね。

先週は夏物を処分しましたが、
長袖の服についてもこの1週間考えてて、
保留枠で残しておいた2着と靴2足を手放すことにしますー。今から。笑

ということで、
9月後半〜10月のワードローブは

・トップス 3
・セットアップ 1
・ワンピース 3
・スカート 3
・パンツ 3

計13。おお。意外にあるな。
基本白黒ばっかりですが、
今シーズンのお買い物でじわじわグレーとネイビーが増えてきました。
そろそろエネルギー的にもまた変わってくるのね。

あんまり少ないとね。
気に入っててよく着る分、どうしても痛んでくるのね・・・
なので、わざと引っ込めたりします。笑
あと冬になるとパンツは履かなくなるので、今のうち〜楽しむ〜。

靴も潔く減らしました。

我が家の大きいシューズクローゼットは、ガラガラ。
しかも無駄に増えないように、靴箱も別にして入れてるからね。

タイツは、
薄手のは春に揃えたのがまだ綺麗なのと、
厚手のは買い置きがまだあったので、ひとまず買わなくて済みそう〜。
(インナー類はまとめて全とっかえします。痛んだらその都度処分するけど)

 

お買い物は、
かなりロジカルでシステマティックになりました。
全体の総量と、自分の今の気分やエネルギーを把握できてるおかげですかね。

いつも眺めながら、痛んでないかチェックするし、
分析したり次はどうしようかとか考えています。
買い物の時期も、何をいつ頃買うかはほぼ決めています。
種類の豊富なうちにね。

 

あとはとにかく似合わないものは選ばない。

私は、

「カジュアル、こなれ感、着崩し、古着、アンティーク、ツヤ消し、ダメージ」

・・・こういうキーワードがことごとくハマりません。
私が着ると異常なみすぼらしさになります。驚きの野暮ったさ。

かつ「個性的」なデザインやカラーも合いません。
見る分にはすごく素敵だけど、私には過剰。トゥーマッチ。
なんですかね。外までやるとやりすぎみたいな。

気に入っても合わないから着ない、なんていうのは悲しいし、
無理やり着ても結局1日落ち着かない、というのも意味がない。

そういう意味では、私、「極力『新しい』まま着る」というのを心がけてます。
なにせ、「こなれたり古くなると似合わなくなる」から。
痛みにくい素材を選び、扱いも丁寧に。お手入れもしっかりと。
必要ならリペアもマメに。
ガクッといろんなものが下がる前に手放す。(その分高値で売れます)

 

数年前までは、
全然考えずに行き当たりばったりで買っていたので、
服の山でした。ひどかった。
買っても買っても「服がない」と思ってた。
あと、「勿体無い」とか「せっかく」とかすごい思ってた。
今思えば、買って使わないのが一番勿体無い。

たくさん試行錯誤して今です。

こーゆー相談にも乗りますよ。会議では。

 

「何から手をつけていいか、ぜんぜんわからない!」

という人に方法をひとつ。

毎日、着た服と靴と鞄と小物とか靴下まで、
全部記録します。

1週間、できれば2週間。もちろん1ヶ月以上続けても良いよ。

そこに1度も出てこなかったものは、
多分もう要らないです。だって着ないんだもん。

たとえ新しかったり買ったばかりでも、それこそなぜ今着ない!?ってなるの。
そんなのしまってる方が【勿体無い】よー。
『その服を毎日選ばない理由』を考えて、
それを無理やり着るのではなく
(着たくないのに我慢して着るのなんてつまんないじゃん)、潔く手放す。
その着ない理由を次に活かしましょ。勉強代ね。

ブラックフォーマル以外は処分してオッケー。
当面、結婚式参列の予定がないのなら、ドレス類も処分して良いかと思います。
今レンタルとかもあるし。安いのも買えるしね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です