(続)実験:「AになったらBをやる」を先にBからやってみる

昨日の記事

実験:「AになったらBをやる」を先にBからやってみる

の最後に、

ただし、
「彼氏ができたら結婚しよう」とかには使えないよね。

 

と書いたんですが、
高次のお姉さまから、

「(どーでもいい相手ととりあえず)結婚したら、(理想の)彼氏ができる」

はあるんじゃないの?、と言われました。

同じ相手じゃないわけですね!
ははあなるほど!まだまだでしたねわたし。

確かに一度結婚すれば学ぶことも多いし、変な夢も見ないし、
バツイチにはなるけども、いろいろな思い込みとか枠とか外れて、そうなるかもね!

 

・・・というわけで、参考になれば(?)幸いです。

 

昨日の記事で、
ブレカが売れまして。(直球)

ありがとうございます!

個人的には、

「◯◯が実現できたら、▽▽をやろうと思って」

とゆーのは、その実現できるまでの時間が勿体無いと思うのですね。
▽▽を叶えるのが、現時点で自分で実現するのが不可能じゃないならば、
とっととやった方がよくない?と。

あと、いつ死ぬかわかんないじゃん?もうさ。
だから、『まだ次のチャンスがある』という考え方はもうしていないのです。

だったら潔く、
たとえば「お金ない!だからやらない!」とか決めてる方がマシかな、と思うのです。

 

そうそう。
購読している断捨離のメルマガで、

ところで、片づけで大切なのは、
初心ならぬ、「初動」です。

片づけが得意な人は、
「初動」に向かう意識が高いといえます。

例えば、セミナーで配布された資料を
受け取ると、瞬時に次の動作に
移っています。

逆に、片づけが苦手な人は、
残念ながらそれが低いのです。

という記述がありました。

 

ははあ。(本日2度目)
わかる気がします。

私の周りの結果が出ている人たちは、みんな初動が早いです。
情報を入れたり、人から指摘されたことに対するレスポンスが異常に早いです。

買うなら買う。
申し込むなら申し込む。
やめるならやめる。
手放すなら手放す。
不要なら外す。

即。です。

自分で決められるってことですね。

残念ながら、
延々と考えていても名案は出てこないし、事態は進まず変わりません。
悩んで人からアドバイスをもらっても、多分なかなか動かないから変わりません。

だいたいにおいて、自分の答えは最初から決まっているのです。
それにいろいろ言い訳とかなんとかを引っ付けているだけなのです。

だったら、
とっとと動いた方が良いかな、と思うのですね。

 

まあ、自戒をこめて!ですけどね。

 

タイムイズマネー!です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です