チャネリングのときのアタマの話

めずらしくどスピリチュアルな話を書くよ。

 

「チャネリングができているかどうか自信がない」

という人は多いです。

 

そんな方は、一度わたしの講座に来てもらえれば早いんですけど。笑
なんでかっていうと、
はっきり言いますが、ちょっと見たらわかるからさ!
そんでちゃんと教えていくからさ!

SEMINAR

とくに一人で独学をしていると、
なかなか確信が持ちにくいと思います。わたしもそうでした。ハイ。

 

で、
今までいろいろチャネリングのコツとか、
メッセージの質を上げる方法とか、
なんだのかんだの書いてきたわけです。

読んでない人は、
これを読むといいよ!

COLUMN

 

今回は、また変わった観点から書こうと思います。

それは。

【アタマの動く場所】

 

はっはっは。
読んですぐにわかったひとがいるでしょうか。

これは、エビデンスがあるわけでもないし、
他に同じ感覚を持っているひと自体、そこまで確認できていないので、
あくまでわたしの話と捉えてください。

 

チャネリングは一旦置いておいて。

わたしは、頭を使っている時に、
「今ものすごく頭を使っているな」という【体感】があります。

ぞわぞわーってするときもあれば、
モーターが回っているような感覚だったり、
引っ張られる感覚だったり。

それも、頭のごくごく一部分だけ。

しかも。

ものを考える時(できれば勉強とか難しいこと)、
ひたすら計算したり、手順をならべている時。
漢字だとか、法律や詩などの長文を思い出す時。

それぞれ、体感が現れる場所が違います。

脳のどこが動いているのとか、
右脳とか左脳とかよく知りませんので、
ただひたすら自分の感覚の話です。

 

で。

チャネリングのメッセージをおろしている時は、
上の日常で頭を使っている時とは、
全く別の場所に体感を感じるのです。

しかも、ものすごく厳密な感覚を申しますと、
肉体の頭から、1センチ前後離れたあたりに感じるわけです。

一番近い表現だと、
「細かいバイブレーションを皮膚上に感じる」
かな。

 

なので、

自分の妄想や理想、思考であるときと、
チャネリングでおろしているときでは、

『反応している頭の箇所』が全く違うのです。

 

もっといいますと、
どの存在とつながっているかでも、反応する頭の箇所がビミョーに違います。

耳鳴りに近い感覚とも言えます。

で、考えているときは「頭を使っている」と書きましたが、
チャネリングははっきりいって、まったくアタマを使いません。

むしろ考え出したらアウト。捏造。妄想。

強いて言えば、
ある箇所がなんだかもぞもぞしながら、
勝手にアタマの回路を通り道になっているような感覚です。

自分の思考はまったく使わず、
ただ繋がっている存在に、自分の言語野や情報の器を
貸し出しているようなもんです。

 

まま、冒頭で言ったようにこれはあくまで、
わたしの感覚、体験です。

「全然意味不」というひともいるでしょうし、
「え!?あ!?これ!??」と、衝撃を受けるひともいると思います。

そういうわけで、
誰かの参考になれば幸いです。

 

余談ですが、
わたしは五感が異常に鋭いうえに、
俗に言う「フロー状態」「ゾーン」に自分が入った時も
自覚できます。

スピリチュアルを意識的に学ぶ前から、
トランス状態(変性意識状態)にもすぐ入れて、
おまけに意識状態も何段階かに分けて自覚できております。

(あーいまここらへんかな。という自分の基準ね)

特に誰かに何かを教わったわけではなく、
一人で勝手に色々試していた結果そうなったのですが、
こういう感覚がわかると、話が早いんですよね。

しかし、
言語化してお伝えするのがとっても難しいのが残念。

うまい糸口が見つかれば、また書こうと思います。

 

そうそう、最近は
「夢の前に見る夢」を見るようになったので、
それはまた今度。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です