努力がちゃんと報われる話が好きなの

映画『ドリーム』(原題:『Hidden Figures』)を観てきました。

 

 

1960年代、NASAで働く3人の黒人女性が、
環境や待遇の差別的な扱いにも負けず、
ひたすらに自分のやるべきことに邁進し、困難を乗り越え・・・
という実話をもとにしたお話。

 

わたし、
「能力の高い人が血の滲むような努力を重ねに重ねて、実績を積み上げて何かを成し遂げる」
というおはなしが大好きです。

この三人は、もともと実力自体、本当にある女性達。
しかも全員ワーキングマザー。主人公はシングルマザーでもある。

変な根回しなどせず、人脈やラッキーハプニングにも頼らず。
文句は言わず(たまに言ってたけど)もくもくと目の前のことに取り組み。
でも愚直なだけでもなく、知恵をスマートに働かせ、
先を見通し、その類まれな実力だけでなく、真摯な姿勢でも周りの心をつかむというね。

 

最高かよ!最高だよ!

こうありたいもんだよ・・・!

 

そんでもって、
三人のファッションと、最初から最後まで音楽がめっちゃくちゃカッコ良いです。

この映画、音楽もしゅてき・・・!と思いながらエンドロールみてたら、
ファレルだったー!

すぐさま、Apple musicでサントラ聴いております。

 

(ただし、邦題ひどいにょ。なんとかならんのかい。)

 

昨日買った『三月のライオン』の最新刊も最高でした。

一番好きなのは宗谷名人です。きっぱり。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です