1件のコメント

わたしが見てる「伸びるひととそうでないひと」

ヒーリングやチャネリングなどの、
スピリチュアルなスキルをお伝えしてきて、
『伸びるひと』はこんなところが違います。

 

それは。

【取り組む量と姿勢】。

 

ははは。ふつーの話?
そうなんだけど。

講座やサロンなどのイベントを開催していて、
その時点でもう、伸びるひととそうでないひとは、圧倒的に違うのです。

 

例えば。

姉妹で参加していたり、講座で親しくなった参加者さん同士で
講座後にも個人的に練習しているのです。

講座内でも積極的に他のひとに対して、
メッセージを伝えていたり、ワークをしようとしているのです。

もちろん、出された課題は即クリアし、
報告メールをくれたりします。

「これをお勧め」と伝えたものは、
必ず買ったりやったり、行動に移します。

 

・・・実は、上のような方はごく少数だったりします。

 

お分かりの方も多いと思いますが、
わたしも上のタイプでした。

講座に参加して、「この人と親しくなりたい!」という方には、
自分から声をかけ、終了後にお茶やご飯をしました。
(食事会には出ない。笑。深い話ができないので)
もちろん、ただしゃべっているだけじゃなくて、チャネリングを交えたりの会話が当たり前でした。

講座中も「せっかくひとにためせるチャンス!」とばかりに
ワークタイム以外でも、隙あらばワークしてました。
勝手にやりだすので、はっきり言って講師の方そっちのけでしたが、
何かあったら講師に聴けるので安心です。笑。すみません。笑
終日イベントでも、ランチタイムはだいたい同席の方と、何かしらやってました。

そうだ、A-Kiさんには
「◯◯をやってみたいんですけど、見てください」
「うんと上まで上がりたいんですけど、できてるか見ててもらえますかー?」
とか、良く見てもらってましたねえ。

提供者になることを考え出してからは、
練習場所を借りて、それこそ朝9時から夜9時までぶっ通して、
ブロック解除ワークしてたりしました。
休憩の雑談も、結局高次の存在が混ざってくるのでチャネリングしっぱなしです。

 

・・・その仲間の最たる相手が、タカムラアナさんなんですけどね。笑

 

同じくらい、それ以上にワークに熱心で、
「やってもらう」じゃなくて「相手に対してやる」っていう姿勢の方が、
アナさんでした。

アナさんとは一昨年、一緒に講座を開催していたのですが、
その日の講座の前後も、
打ち合わせと打ち上げがごっちゃになりつつ、ひたすらワークをしているという、
ワークホリックぶりを二人で発揮していたほどです。

ちなみにほぼ毎日していたLINEのやりとりでも、
チャネリングしながらが当たり前ですし、なんならブロックも指摘しあっておりました。

 

・・・ね?
そら上達します。自分でいうのもなんですけど。

わざわざ、「チャネリングする」って感覚はないです。
自分で悩んでいたり、アナさんとかと話している間に、
もうひとりの話し相手?参加メンバー?的に、ガイド陣が混ざってくるのです。

「どーおもうー?」ってアナさんに聞くのと同じように、ガイドにもふつーに聞いてます。

「うわーブロックだ」と思ったらブツブツ言いながらもその場で外します。

「なんか変なの憑いてる・・・」「なんか繋がってる」と思ったら、
その場で外してあげます。

 

別にそういう機会を誰かに作ってもらわなくても、
自分でいくらでもワークする機会なんて作れるんです。

もちろん、最初は正しい指導を受けるべきだと思うけどね!安全にやるためにはね!

講座に参加して、
練習相手を直接探せるのも、講座費に含まれてると言っていいと思うんだよね。

 

自分で開催していたり、魔法使い養成学校のスタッフとしてイベントに出ていても、
講座のワークタイム以外では、みなさん全然ワークしないので、
正直ちょっと、びっくりです。

美容イベントの「チアキとマモルのサロン」をやってもいるのですが、
はっきり言って、チャネリングもエネルギーワークもできる参加者さんが揃っているのに、
なーんにもしてらっしゃらないので、
もったいなーいと思って眺めています。

(してるひとはしてる。その人だけしてる)

 

いちいち言わないよそんなこと。

と、思っていたけどもー。

 

チャンスが目の前にあっても、自分で拾っていかないなんて、
実は欲しくないのかしら?って思っちゃうわけね。

 

いい加減、

「お膳立てしてもらう」「やってもらう」

なんてやってる限りは、どこにも抜けられないんじゃないかなあ?

 

SEMINAR

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です