春は何を着てどこに行きましょうか?

気温の高い日が増えてきましたね。

私はというと、花粉症でコテンパンになってます。
あああああん。つらい。痛い。

娘の進路が決まったら決まったで、
やることたくさんあってフーフーしてます。
手続きしたり支払ったり契約したり解約したり、
捨てたり売ったり買ったり片付けたり、卒業式だし入学説明会だし。ばったばた。

 

それとは別に、
最近の流れを見てますと、まあ春っていう気候もありますからね、
どっしりと腰を据えて、内側に向かうというよりは、
ちょっと浮き足立つような、気が上がるような感じですよね。

そんな流れに逆らって頑張りすぎるのも、ちょっと効率が悪いんでね。
せっかくですんで、
冬の装いもまもなく終わりだし、
春は何を着ようかな?と思いをめぐらしてみるのもよござんすよ。

 

例えば。

「何をしようかな?」
「どこに行こうかな」
「誰といたいかな」

から、それにふさわしい服装を考えてみてもいいし。

 

「とにかく好感が持たれる格好がしたい!」
「大人っぽく見せたい」
「信頼されるような感じでいきたい」

から、それを感じられる服装を考えるのもいい。

 

「少数精鋭の服にしたい」
「カラフルに色を取り入れたい」
「毎日ジャケットスタイルでいきたい」

なんて、もっと服装自体にフォーカスしてみるのもいいね。

 

「ふんわり軽やかにいきたい!」っていうならば、
バッグも軽くて小さいのがいいし、

「仕事ベリベリ頑張る!」っていうならば、
仕事用のバッグに投資するのもいい。

「フットワーク軽く!」っていうならば、
大きくて機動力のあるバッグが便利だよね。

 

持ち物や服装は、
『あなた自身』だといっても過言ではないと思います。

 

あなたが本当はどんな意図でそれを持っていたとしても、
周りの人は、
「この人はこういうのが好みなんだな」と思います。

 

せっかくだから、
自分の気に入ってるものを、なりたい自分に近づくようなものを
身につけたいところですねー。

あんまりちぐはぐなのばかりなのであれば、
「自分のことをよくわかっていない」かも、しれないわけです。

いきすぎたオシャレも、
見合わないランクのブランドも、
どこでも着古した服で出かけるのも、
まだ着られるからといって、随分昔の服を着続けるのも。

 

過去記事。好きの追求のススメ。

『悪くない』で選んでない?

 

過去記事。お財布だけじゃなくて持ち物全般の話。

お財布を選ぶってことは

 

ところで私の『バッグ観』なんですけどね。

何がどうなっても「ななめがけ」したいんです。
どんなに便利でも、おしゃれでも、かっこよくても、
ななめがけできないバッグは、いずれ持たなくなってしまう。

で、これまでさんざんいろんなバッグを持ち尽くした結果、

私にとってのベストとは、

『幼稚園バッグ』みたいなサイズ感のバッグでした。

あの。幼稚園児が登園に使ってる、B5サイズないくらいのあのやつ。
思えば壮絶に気に入っていたのであった。当時も。

結局持ち物の量って、
小さい頃から変わってないのかもしれない。

最近よく使うのは、このウエストバッグ。幼稚園バッグサイズ。

軽くてすばらしー。もちろん斜めがけ。

 

そして今年こそは、ずーっと憧れてたあの!バッグを!買いたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です