恋が冷める財布

スタッフをしておりますF1144・魔法使い養成学校のサイトで、
このサイトの過去記事も、いくつかピックアップして掲載されるようになりました。

掲載するために、該当記事の文章や内容をいくらか修正しているのだけど、
何せ私は、毎回ばーーーーっと一気に書いて即アップする人なので、
読み返すたびに「うへえええええ恥ずかしいい」と身悶えて大変です。

いやほんと。恥ずかしいんだよ。
作家やライターの人ってすごいよね。

 

さて、
今回のタイトルは、その過去に書いたお財布関連の記事つながりです。

お財布の話:まとめ

 

先日、ご飯を食べに行っていて、
帰る前にそのお店のドレッシングを買おうと、売り場で待っていた時。

先に食事の支払いをしようとしていたOLのお姉さんが、
店員さんに「当店のスタンプカードはございますか?」と聞かれ…

取り出したるは、スナップが止まらないほどパンパンな長財布。
思わず目が釘付けになる私。

お姉さんはがばっと蓋を開けて、蓋の裏には擦り切れたポストイット。
カードスロットはギチギチ。
彼女は、ごそっと大きいお札用ポケットに手を突っ込み、
さらなるカードの束を取り出し…

その束の分厚さ、え?何それ?もしかしてトランプ?トランプなの?レベル。

トランプの絵柄を選ぶように、スタンプカードを探し始めるお姉さん。
丸の内のランチタイム。先払いのそのお店、後ろには長い行列が出来始め。
「レシートにスタンプを押しますので、後日おまとめを…」と気遣う店員さんの焦りを帯びた声。

そしてその言葉、華麗にスルー!

…結局、カードはなかったらしく、再発行を頼んでいました。

いや、ないんかい。
あのトランプの束なんなん!?

 

…と、赤の他人の私がすいませんね、
ですが、『金運とお財布』について、かねがね意見を申し上げている私としては、
ダメな見本のようなお財布を目にしてしまい、がっくりしたわけなのでした。

 

お金も時間もお財布のコンディションも見た目もぜーんぶ台無し。
ダメだよーダメダメすぎだよー。

あの状態では、せっかくのポイントやスタンプすら見つけられず、お得も節約の機会もない、
時間は無駄になるし、後日ダブってるカードも散見されるだろうし…
お金よりもカードが占拠しているお財布なんて、お金もお財布も嫌でしょ。

 

なにより。

あんなお財布使われてたら、私ならすごい幻滅してしまうわ。
「いろんなものを大切に出来ない」っていうのの象徴すぎて、恋も一瞬で冷めかねないわ。

逆に言えば、
素敵なお財布からスッと支払いをする、そんなスマートな所作を見たら、
そこから恋が始まったっておかしくないと思うよ。
恋じゃなくても、少なくとも好意は持つもんね。

丸の内はじめオフィス街では、
お昼休みにOLさんたちが、お財布とスマホだけ持って歩く姿をよく見ます。
パンパンで膨らんだお財布を手にしている人が多いので、
すっきりとしたお財布を持っているだけでも、差が出ると思うんだよねー。

 

細かすぎるかな?
でも、むしろそういう細かいところをさりげなく見てくれる人が、
男女問わず好きですけどね。私は。

どこで何があるかはわからないから、できるところから整えておくに越したことはないと思うのよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です