「なんとかスポット」よりも、断然イイトコロ

昔、何度か有名な劇場の目の前で、働いていたことがあります。

東京宝塚劇場、日生劇場、シアタークリエが並ぶ日比谷や、
東銀座の新橋演舞場でも。歌舞伎座もすぐでした。

 

いつも、公演の前後に劇場に集まる、お客さんたちを眺めるのが大好きでした。

有名な劇場である大きな公演。自分なりのおめかしをして
ウキウキ観にきた人を見ているだけで、幸せな気持ちになるんですよ。
出入り待ちで、演者さんが通って「わあっ!」って全体がなるのもイイ。

ああそれから、ウェディングの光景を見るのも大好きです。
街中やホテルで写真を撮っているところを通りかかるだけで、
ぐっと込み上げるものがあるのよね。

 

それって、

人が正装をしているという、ハレの日感、非日常感が好きなのかな?

と自分で思っていたのだけど…

 

先日、皇居ラン中。
超〜遠目で一瞬見かけた、帝国劇場の前に集まる人の塊を目にしただけで、
うわーーいいなーと思えた時に気づいたのですよ。

あ。自分がいいと思っているのは、おしゃれがどうのとかじゃない。
(もちろん、おめかししている人、大好きだけど)

 

私が視てるのって、エネルギーだ!

 

おめかしして、好きな人(作品、場所、時間)にウキウキ会いに行くって、
もう毎日の中でも最高潮に楽しいときですよ。
この日のためにいろいろ頑張って、準備して、
とってもポジティブでご機嫌なコンディションなわけよ。

 

そんな時って、波動がめっちゃ高くなってるのですよ。

 

そういう人たちが、
何百人、何千人も集ってるカタマリなんて…

そんなん…
私…大好きに決まってるじゃないですかあああああん(はあと

 

藤咲は、ずっとヒップホップラヴァーなので、
「波動高い」っていうより「バイブス高め」ってほうが素直な感想なんだけど。

そういうライブの多いクラブやイベントホールよりも、
やっぱりそれなりに威厳のある劇場の方が、お客さんだけでなく、
演者やスタッフの思い入れも相まって、
ぐわーーっと高まってる感じがするのよね。
ちょうど先週、サントリーホールに観に行ってて、そんなことを思ってました。

 

いやまあだから、

好きなことは積極的にしたほうがいいし。
推しのいる生活は健康にいいし。
良い場所には良い格好をして、定期的に行くようしておくと、
全方位的にメンテになるし。

良いことしかないと思うんだよねえこれが。

 

私も月末、ずっと楽しみにしていた舞台公演があるので〜!
ちゃんとおめかししていこ〜。それまで元気で過ごさないと〜。

 

最近読んだ本。
英語圏でこう言うのか!ってためになります。
宗教観が違うから、向こうは『神』『祭壇』とか使わないしね。
そうそう、「海外運営の要望を伝える時に使えるフレーズ」とか、
目の付け所が素晴らしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。