わたしの「おこだわり」:サロン、お店選び編

昨日は朝から中華街でもりもり食べて、
赤レンガ倉庫でとあるフェスのリハを横聴きし、
またもやお気に入りのシーバス(水上バス)で呆然とトリップという完全な観光をしたのち、
チアキさんのヘッドスパを受けてきました。
横浜の観光は効率が良くていいね!

ちなみのその足で、夜は下北沢でカレーを食べて、アナさんの舞台を観てきたよー。

エンタメ&リフレッシュデーじゃい。

 

ヘッドスパは気持ち良いあまり、施術中はつい奇声を発してしまいますが、
(多分私だけだと思う)
「頭一つ分くらい軽くなった!」という謎の感想が出るくらいにすっきりします。

すっきりしたての私。乾かすだけでツルッツルー。

目が楽になって眉間が開いてリフトアップもしました。

 

チアキさんのところも含め、
通っているエステやヘアデザイン、他の施術とかでもそうなんですけど、
貸切で他のお客さんとバッティングしない、というのが私にはなかなか大きくてね?

奇声を発しても安心というのもあるけど(笑
隣の知らないお客さんの愚痴とか嫌な話が、漏れ聞こえてくるだけで
げんなり下がるっていうか弱るので、
そういうのがないっていうだけでも、こっちのコンディションに大きく影響があるなあと思います。

 

ご飯屋さんやカフェとかもそうで、
こじんまりとして和気藹々なお店も良さはあるのですが、
他のテーブルの話が聞こえてこないような、
席の間隔が広いお店やホテルラウンジ、オープンテラスの席がやっぱり好きです。

「誰かに話してスッキリしたい!」というのはもちろんわかるので、
聞いてもらうのはいいよね、とおもうのですが、
何も関係ない赤の他人の吐き出しトークがうっかり聞こえてきて、
自分がダメージを受けるのもなんだかなあ、と思うので、無理せずサクッと回避したいというわけです。

 

そう、お店選びの時点で、無駄なダメージを回避できたりもするのだよ。
客層やそのお店の人の層とかもだし、お店の大きさや新しさとかの『空間』でも選んでいいのだよ。

それを補って余りあるメリットや効果があるのであればともかく、
「なんかモヤるわあああ」みたいに、逆にストレスが溜まってしまうようなところは、
そもそも選ばない、という選択を取れるのも大事かと思うのだー。

 

そんな私も、
昔通っていたヘアサロンでは、
超人気男性アイドルや美人女優さんのがっつり隣でカットしてもらっていたこともありました。
それはそれで眼福だったんだけどね…自分と同じ人間なのかなって…あまりの違いに…(号泣(そら泣くわ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です