私のお疲れ度は「毎日のご飯作り」で測る

いつもはお気楽ごくらく適当自炊なのですが。

(え?一応主婦だろうって?…知らねえな)

時々スイッチが入って、
ずーっと台所にこもって料理し続ける時があります。

 

今日がまさにそれで、
夕方たくさん買い物をして、
夜に帰宅してから食事とお風呂を挟みつつ、
ひたすら下ごしらえと調理を繰り返しました。

冷蔵庫はいつもスカスカっと余白を保っておりますので、
作り置きも鍋ごと突っ込みます。

最近妙に食べたくなるので、
今日も小豆をたっぷりと茹でまして、
他にもドライカレーだのミネストローネだのなんだの拵えました。

料理中はひたすら手を動かして、
作業効率だけを追求できるので、それ自体はストレス解消になりますね。

 

…なんてことを書いていますが、
先週はとにかくやる気が起きなくてね。

『食事の献立が考えつかない』

という、わたくし的にお疲れ度レベルMAXな状態でしたので、
だいぶ回復したんだな!と思っております。

 

「作るの面倒だけど、献立が決まれば動ける」のは、
私の中では割と軽症なので、
簡単にすぐできるようなものをてきとーに作ります。

自炊歴は長いからね。やること決まれば、作ること自体は別に平気。

が。「献立が考えつかない」まで来ると、相当疲れがキているので、
(私の基準ね)
そう言う時は無理せずに、作ってもらうか、「もう無理!」と投げ出します。笑
出来合いのものを買って帰るのすら、頭が回らないから…無理…

 

まあそんなこんなで、少し持ち直したので、
夏の終わり、暑さに負けないような滋養溢れるご飯を
作っていこーと思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です