天気がわかるくらいのノリで

今朝起きて、
「ああああ走りたいけどなんか今日はダメな気がする」
と悶々としていたら、

案の定急な用事が入り込んで、行く時間がありませんでしたしょぼん。
これか。これの予感だったのかあ。
走りにでた後に知ったら、朝の約束に間に合わないところだった。

気を取り直して、「お洗濯:デリケート素材の部」をしています。
晴れのうちにやっておきたいしね。
明日また天気が崩れるっぽいからねうううううう(号泣

 

天気予報を見てなくても、
「風向きが変わったから」「この湿気の感じは」とかの感覚で、
そろそろ雨が降るなあとか、もっと寒くなるなあとかわかるじゃないですか。

そんな感じで、日常のあれこれも、
「ああこれはダメかな」とか「早くやらなきや」とかわかってくるのです。
別に予知とかの大袈裟な話でなく。肌でわかる、みたいなやつだよ。

そーゆーのを無視しないで、拾い上げて、
ちょっと行動を変えてみると、展開が変わってきます。
あー、世界はこういう風に流れててこううまいことできてんのか、
とかもわかる、かも。

 

もちろんトライアンドエラーを繰り返すのはマスト。
鈍ったセンサーを磨き直して、行動の速度を調整して。

いきなり一発で正解なんてありませーん。
失敗は織り込み済みでいきましょね。
失敗すればするほど、経験というデータは溜まるんだからさ!

 

 

11/2(土)13時〜 Zoomによるオンライン会議
11/5(火)13時〜 リピーター対象対面会議 残1
11/14(木)13時〜 リピーター対象対面会議 残2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です