自分の好みが理解できたはなし

昨日は帰宅後、『嵐フェス』のおこぼれに突然預かれまして、
キャーキャー言いつつ楽しみました。素敵だったねー!!

 

私は【キラキラ】しているものが好きで、
『アイドル』も『ライブステージ』も、
それこそ「キラキラの集大成」のようなものですから、
観てるだけでなんとも幸せな気持ちになります。
ステージセットや演出も豪華で、見応えもあるしね。

(ちなみに『ファンが喜んでいるところ』を見るのも大好きです)
(少し前には「SNOWMAN」の千秋楽ライブ配信も観たよ楽しかったね)

 

しかし特定のグループや誰かのファンになることはなく、
ステージで歌って踊る人は、みんな素敵でみんな可愛く格好良く見えます。

だからアイドルに限らず、
宝塚も2.5次元もミュージカルもスーパー歌舞伎もディズニーランドのショウとかも好きなんです。

個人やグループ、ジャンルというよりも、
もっと抽象度を上げた
【ステージで華やかに歌って踊る様】のを観るのが好きだし、
さらに言えば、抽象度高く【キラキラしたもの】が好きなのです。

歌や踊りだけじゃなく、化粧品でもジュエリーでも、海でも夜空でも、
音楽や物語、絵画などでも、キラキラに心が動きます。

(もっとちゃんと言えば、音色とか楽器とか、文章の表現とか、光の描写とかに
細かいところにキラキラを感じるのだけど…)

 

…っていうことを最近自覚したのですが、
これまでは「わー素敵〜」と思っても、
深くハマることもないし個別認識すらできないし、
自分は物事に関心が薄くなったのだと思っていたのです。

しかしそれは勘違いで、
「誰推し」とかじゃなく、「箱推し」すらでなく、
キラキラ好きゆえ、ということがわかってスッキリしたのでした。

 

私が好きなものや人は、
ひとつひとつを比べると共通点も見つからないほどバラバラなことが多く、
とっ散らかっているように自分でも思えるのですが、
『抽象度』を上げていくと急にまとまります。

 

【ひとつの世界がきっちり作られている】

というのを好んでいるようで、
そういう目線で、自分の好みを捉え直すと、
ブランドや映画なんていうのはわかりやすいところですが、
好きだと思う雑誌、漫画、小説、音楽、お笑いのネタ、キャラクター、番組、お店、会社、SNSでフォローしたいアカウント…
というところまでも、
実はかなり一貫していたことに気づきました。

ステージこそ『作りこまれた世界』だし、
キラキラだってその結果、ですからねえ。

 

そしてこうやって、ものごとを高い抽象度で捉えられたときこそ、
「考えが片付いた!」「まとまった!」と
ものすごく嬉しくなって、満ち足りた気持ちになるので…

ベストな表現ではないですが、
「うまいことひとつになっている」っていうのが好きなんです、きっと。

 

 

<リピーター対象:ひみつのグループ会議>
第一回 11/7(土)13時〜 受付終了
第二回 11/17(火)13時〜1

<新規・リピーター対象:プライベートコンサル>
11月~12月の中で日程は応相談

詳細、お申し込みはこちらから。

SEMINAR


エネルギーデトックスワーク協会のセミナーは、

今回が年内最後の開催となります。
開始時間もゆっくりな日曜日。ぜひぜひぜひ。

11/29(日)11~16時
『エネルギーデトックスワークセラピスト育成1dayセミナー』 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です