美から学ぶものって多いよねの話

うわ。すごい日にち空いてしまった。

 

先日のセミナーの中で、

「美しいものを知るなら実際に体感しないと」

的な話が出まして、
そういえば数年前、『日本の侘び・寂び』を知ってこいと言われ、
そのうちのひとつ、「枯山水」をたくさん見に行ったことを思い出しました。

 

関東だけでなく、関西にまで足を伸ばして、
短い期間のうちに、行ける限り行きました。

見た目は美しく整っていても、
全然エネルギー的な整えを感じないところもあるし、
有名だからと言って、エネルギーが伴うかと言えばそれも別だし、
一個二個じゃなくて、たくさん行ってみないとわからないよなあと、
大変勉強になりました。

一日何件も回ったり、遠出するのはなかなかしんどかったけども。

ちなみにマイベスト枯山水は、
関東のとあるひっそりとしたお寺にありました
もーエネルギーの場がぎゅんぎゅんで、そこにいるだけでアガるみたいな。
人は誰もいないし、めっちゃ気持ちよかったなああ。

 

そこにある自然と、持ち込まれたものと、
今手を入れている人と、
その瞬間、天気や自分を含めたその『場』を構成するものとの調和とか、
いるからこそわかる、みたいなのをね。

思い出したのでした。

 

あんまり動けない今だからこそ、
あの時期、無理してでも、いろいろ動いておいてよかったーとも
思うよねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です