ぼくのかんがえたりそうのちきゅうめつぼう案

朝から走ってました。

なんとも鳥まみれでした。

今月のランは92kでして、
あとちょっと惜しい気もしますけど、
自転車でも90kオーバーしてるので、オッケーでしょう!
寒いのによく運動したわあ私。

 

さて今月は、
『地学』の勉強と『恋愛本』の研究をしていたのですが(方向性よ…

地学はまったくわからないため、
本や教科書を読みながら、娘にひたすら説明を乞うていました。

上から言われて読み出しているのですが、
『地学大好き』という、そこそこに激レアさんが我が家にいたというのは、
いやー助かるー。ほんと助かるー。

 

しかし話が盛り上がりすぎて、
「ぼく(わたし)のかんがえるりそうのちきゅうめつぼう案」を
いきいきと披露してくださり、
我が子ながら、どうしたらこう育っていったのかがちょっとわかりません。

目の前で「地球(というか人類)が終わるためのストーリー」を
図解と共に説明している娘。
あまりにも説明がわかりやすいので、
この人は本当に理解できた上で考察しているんだな…としみじみしました。

 

理解できていないとね、
人にしゃべれないんですよ。

以前、私がエネルギーデトックスワークのセミナー講師をしていたときも、

「口で説明できない、言葉に詰まるということは、
頭に入っていないってことですよ」

ってよく言っていたんですけども。

自分がわかっていないのに、
他人にちゃんと説明できるわけないんだよねー。
たとえ丸暗記で乗り切るにしたって、相当練習しないと無理ですもんね。

 

ま、そして私は、
彼女の「ちきゅうめつぼう案」をここに書くことはできないんですね。
理解できてないからさ!

多少勉強したおかげで、
使われる用語の意味はわかって(『リソスフェア』とか)
質問をするくらいはできるようになりました。成長した!
あと隕石衝突では一瞬で終わらないそうです…

 

その時ちょうど読んでいた地学の本に
「映画『ザ コア』の世界です」というくだりがあって、調べたところ、
「地球の核が停止したために訪れる人類滅亡の危機」
という話だったため、そのままNetflixで観ましたら、
タイムリーかつコンパクトに地球の仕組みが学べる内容でした。
(後から「本当はそんな単純じゃないから!」と訂正解説が入った)
予定外に超泣いたけど…

 

毎度よくわからないまま「こういう本読んで」「勉強して」と
半ば無茶振りのように言われているのですが、
そのうちだいたいどこかで役に立つことが多いのです。
そのままとは言わずとも、概念とか仕組みとか。

ただ大体苦手や知らない分野なので、
毎回苦労していっぱい本読んで調べてどうにかこうにかしています。
ほんとに…たいへん…

去年の年末とか、古代エジプト神話のために
遠出して展示見に行ったもんね…

 

は。
むすめの理想のあの話、
古代エジプト神話の終末と同じ話だ…(白目

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。