チャネリングメッセージを検証するときの話

チャネリングの内容を検証するには、いくつかの方法があるのですが、
主に私は自作のペンデュラムでダウジングをやっています。

オーダーメイドエネルギー入りペンデュラム

プライマル・ペンデュラム

複数持っているので、
手元の近くにあるのを適当に使うのですが、
まあ、外で持っていない時とか、手が使えないとかの状況はふつーにあるので、
そういう時には、キネシオロジー的な感じでとることがあるのです。

…が、
最近妙に取りづらい。
スイッチングもするし、スイッチングでもないけど、別の感じで取りにくい。
取れていても、情報の精度への自分からの信頼度が薄い。
もっとざっくりいうと、まあ、なんかへーーーん。

そもそもエネルギー全体的にかなりノイズが多いので、
なんつーか、ノイズをチェックして弾きながら、情報自体のチェックをするという、
なかなかに複雑な感じになっているので…
今のこの感じは、しょうがないですね。

 

今のところ、
私は、私はですよ?
ペンデュラムを使ってのダウジングの精度の方が高いので、
使いにくいと思う手段は使わずに、ペンデュラム使うことにしまっす。今のところ。

だから手段はいくつか持っている方がいいし、
どれかだけに依存しない方がいい。
あとは、自分が採用したメソッドだからといって、異様に盲信するのも。

 

絶対こう!と決めることなく、
「あれ?今日はなんか違うな?」、「今回は変だな?」という、柔軟に状況の変化を受け止めるってのも大切。

 

そして大前提として、
キネシオロジーもダウジングも、思い込みによって容易に答えが変わるものですから、
そこも踏まえて活用したいっすね。

 

しかしですね。
わたしが『キネシオロジー的』だと思って使ってた、
自分の肉体で取る方法は、純粋なキネシオロジーとは全然違いましたえへ。
オリジナルだからしゃーないけど、そもそも肉体で受け取ってねええええ。

加えて、自分で改めて意識して振り返ると、
私自身がやっているチェックの工程もかなり複雑なようです。
無意識レベルでやるので超一瞬だけど、めっちゃいろんな情報取っているのなあ。

 

そーゆーわけで、
いろいろ時代や状況やコンディションに合わせて、
見えるツールも見えないツールも使い分けて、自分の受け止め方や対応も臨機応変にしてかないと、
これからは、あかんのよーーーーんということです。

 

それをするのも、PROTECT MYSELF には必須ってことよ。

『TUNING MYSELF NOTE 2019+』

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です