だいたい自分のごきげんのためよ

昨日、数日ぶりにサンダルを履いて出かけて、
トータル夏っぽい感じの自分に「違う違う」と思いながら1日を過ごしました。

お盆が明けたら靴を変えたくなる

 

もう洗ったり手入れして、きちんと仕舞おう。

 

なぜ「違う」といいつつサンダルを履いていたかというと、
足のネイルをしてもらいにいっていたからなんですけどね。

ここ数年、
素足で過ごす時期だけジェルネイルを施してもらっています。

不器用なのでセルフでやるのは、仕上がりの拙さにうんざりすることになるし、
足全体に意識が行くから、夏も手入れをさぼらなくなるので、
大変具合がいいのです。

施術中は上半身はフリーなので、
読みかけの本を読破したり、ぼけーっと出されたレモネードを飲んだり、
リフレッシュの時間としても言うことなし。

 

サンダルも終わりだし、どうしようかなあと一瞬悩んだのですが、
家の中ではしばらく素足生活が続くので、

「自分の足を見るだけでテンションが上がる方が良い」

を選択しまして、続けることにしました。

 

末端が整っているのを見るのは、とても気分が良いのです。私。

載せる色は極めて肌に近いものを選びます。
ぱっと見わからないくらいなので、完全に自分のための色。

それでも綺麗な形で艶々としている爪が視界に入ると、
「うれしー」と気持ちが上がるので、
夏のネイル代は!めっちゃ必要な!経費!

(痛むので夏だけですけど)

手の爪も楽しかったのですが、
「ネイルを気にせず、家事を思いっきりやりたい」が上回るので、今はやっていません。

 

小さいことですが、
自分が機嫌良く過ごすことには、コストをかけるようにしています。

とはいえ、始終ご機嫌なんてことは叶いませんから。

「うああああ今自分、めちゃくちゃ機嫌悪いわ」

とまるで他人事のように気づいたら、なるべく自分で自分をあやします。

 

もうね、思考も鬱々としていくし、人のアラばかり気になるし、
身体に力が入るし、呼吸は浅くなるし、
「自分の波動が下がり続ける体感」がしまくるので、そこは割と早く気づきます。

 

でもあくまで気づけるだけですからね。
気づいたからといって、そのまますぐに切り替わるなんてーことはございませんので、
あらかじめ作ってある『自分の機嫌が良くなるリスト』も粛々と実行するのです。

 

好きなことをするとか、好きなものを食べるとか、早く寝るとかね。「自分一人でサクッとできる簡単なやつ」。ね。

 

自分以外の誰かのためを想うならば、

まず自分を、てゆーこと、です。

 

 

私が設立・運営している協会です。

9/16(月・祝)東京:エネルギーデトックスワークセラピスト育成1dayセミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です