交感神経スイッチ

先日、オンラインで面談を受けたのです。

普段はオンラインでのやりとりはしないようにしているのですが、
今回は先方に色々チェックをしてもらうためなので、数年ぶりに利用しました。

 

で、ちょっと私の方で予想外の不手際があり、
「あんなに準備したのにどうしよう!」と面談中にテンパりまくりましてね。
なんとかリカバリーしまして、無事終わったのだけども。

このテンパりで、完全に『交感神経優位』に入ってしまって、
お昼休憩するつもりが、もう意識は食事どころじゃなくなって、
後でやろうと思った事務作業を延々と続けてしまいまして。

息は浅いし速いし、手足はキンキンに冷たくなって、寒いししんどいのに、
気は立ちまくってるし、作業も止められなくて…
鏡見てないけど、おそらく目もきっとギンギンになってた。

 

1時間後、全部終わって。

こ、これが!交感神経優位の状態か…『闘争・逃走反応』…これか…!

とハアハアしながらも体の変化を実感しておりました。

 

あ、相手にキレた、逃げた、とかないですよ。笑
(先方には本当に平謝りしたよ…)

 

その面談や自分の不手際の何かが、
『自分的に超緊急事態』だと、身体が判断して反応した、と言うこと。

 

もちろん、これまでの人生で、
何度もそうなることはあったはずだけど、
ここまで自覚的に「これが…!」とほぼリアルタイムで気づいて、
身体状態をあちこち気にかけてはなかったので、
とても興味深かったのでした。
でも極力こんな機会はないほうがいいな。

その後、空腹に気づいて何か食べようとしたのだけれど、
頭が全然回らず何も考えられない。
冷凍してあったおにぎりを温めて食べて、その後ばたりと寝ました。

 

さすが『闘争』モードは消耗が激しいぜ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。