エンタテインメントは費用対効果の高い美容

昨日は電車の中で『警察学校編 Wild Police Story』を読み、
夜には304話の『揺れる警視庁 1200万人の人質』を観て、
ダメ押しに『ゼロの執行人』まで観たので、最低限の予習はバッチリです。

こんなにコナンを摂取したのは初めてだよ…
というか、たった2冊でもコナンの漫画を買うとは思わなかったよね…

多分金曜ロードショーとかでやったかと思うんですけどね。
今はほとんど地上波はチェックして観ることがないので、
気になったらいつでも間に合わせられるサブスクリプション万歳!でございます。

 

もともと漫画好きなわりには、あまり得意じゃなかったアニメ、
ここ数年で、作画がうっとりするほど綺麗な作品が増えたし、見慣れてきたしで、
劇場作品は実写と同じレベルで選ぶようになりました。

楽しめる幅が広がるのはいいよね。

 

次は『バブル』をドルビーシネマで観たい!

(その前に『ドクター・ストレンジ』もあるけど…ワクワク…)

 

言われて気づきましたが、
昨日は何度目なのよの『呪術廻戦0』を劇場で観てて、
夕方家で1期の再放送も観てたので、
完全に1日エンタメどころかアニメデーでしたね。

 

エンタテイメントは摂取すると元気になるので…私は…

一番効く美容点滴みたいなものですね。あっはっはっ!

 

だってドルビーシネマで観るの最高なんだもん。
金属音やキラキラ高音とか、ざわめきとかが綺麗で気持ちいいんだもん…
その上にコントラストくっきりの映像も美しくて、
暗闇のシーンなんて完全に視界が真っ暗になるのとか、
全身がぞくぞくするほど気持ち良くて、もういるだけで癒されるんだもん。

それが2000円足らずで味わえるとか、費用対効果とんでもないのよ。
私にとって。

 

ドルビーシネマは入り口からアガるの!
作品のアニメーションが延々と流れてて、世界観作りも完璧。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。