『人生をデザインする』とは

少し前に読んだ作品に、

「デザインは、無限の可能性を
切り取って、削って、決別して
最小限まで削ぎ落として残った結果」

と書いてあって、それがとても心に残っていて。

 

そのおかげで、
『人生をデザインする』という表現が、
自分の中ではじめて腑に落ちました。

 

私にとって人生というのは、
「自由に描く」というよりは、
「突き詰めて削ぎ落とす」というのに近いものを感じていて、

新たに創るものではなく、
もともと目の前にあったもの、なんだと思っています。
何もしないと埋もれてわからなくなってしまうだけで。

 

まあ。そもそも、あらかた計画してきているわけだしね?

 

そして。
私はというと。

最初の言葉を使えば。

「無限の可能性」を、
(無限よりは、たくさんの、という言葉をつかいたいけど)

切り取って、削って、決別して
最小限まで削ぎ落として残った結果。

息苦しいわけでもなく、
つまらないわけでもなく、

逆に、とても自由であると感じています。

 

「たくさんあるから、自由」でもなく、
「ないところからつくるから、自由」でもなく。

削ぎ落とすから、自由だとね。

 

 

ちょっと前に通りがかった。名古屋市役所。

全然詳しくないけど、大きな建築物が好きでっす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です