もっともっと受け取っていいんだよ

おかげさまで
『Breakthrough』カード、通称『ブレカ』。

シルバーの『Break』のカードが、在庫もうわずか。
ラス1にまでなったんですけど、
ゴールドに混ざってあと2枚位出てきた。笑。

ということで、あと3枚くらいです。
悩んでいる方、いらっしゃいましたらご決断を。

完売しました!ありがとうございました。

『Breakthroughカード』

 

ここ最近、「最初に買って使っているのと、別の用途に使いたい」と
多くの方から追加購入をいただきました。

あのう、「別の用途に」ってことはですよ?
つまり『新たなチャレンジ』をするっていうことですからあ!?

『新たなチャレンジ』に対しての、
【エネルギーの投資】【お金の投資】としての、ブレカ購入ってことになるんですよ。

いいですか?

これが、これが!
アリよりのアリじゃなくてなんだっつーの!!(鼻息)

 

陰ながらめちゃくちゃ応援しておりますよう!

 

 

『Breakthrough』カード(通称『ブレカ』)は、
【循環】をテーマにしたエネルギーグッズで、
『Break』『Through』の2枚セットとなります。

循環といっても、まずは流れの土台を整えていただくことが必要なので、
「出す」をサポートする『Break』カードを購入していることが、
「入れる」をサポートする『Through』カードの購入条件となります。

(同時購入可能です)

…という背景もあり、
また「まずは『出す』を整えてから」という気持ちをきちんと理解いただいたのもあり、
そして「『Break』だけでも効果がすごいよ!」と私が啖呵を切ったこともあり…

(実際『Break』は強力だし、使い勝手がいいからね)

『Break』カードの方が売れた結果、在庫僅少となったのです。

 

私としては、渾身のカードですから、
とてもありがたく嬉しいですし、
買っていただいたみなさまの意識の高さも感じます。

が。それと同時に思ったのです。

 

みんな!
ひょっとして…
『受け取ること』『自分に入ってくること』を、恐れてはいないかい?

 

『出す』を強化するよりも、
『入れる』を強化することに躊躇いがあるひとが、実は多いんではないかと。

だって『出す』っていうのは、
『自分の中から出す』ということ。

 

もっと言えば、その『出す』ものは、

【今すでに自分が持っているもの、知っている、把握していること】

と言えるでしょう。

 

それに対して『入れる』ものは、
「もっと増やす」「失ったものを取り戻す」ことももちろんあると思いますが…

自分が持つ「入ってくるもの」のイメージとして、

【今自分が持っていないもの、知らないもの、あくまで想像でしかないもの】

というふうに思っていませんか?

 

潜在意識の仕組み上、
『未知の状況』『現状からの変化』に対しては恐怖心が出てくるものです。

つまり『未知の体験に対する不安や恐れ』は、
「潜在意識の現状維持メカニズム上、湧き上がるもの」なのです。

(だからいくらブロック解除ワークしたって、解消しないよ)

 

そう、怖くてドキドキして不安で当然。
変わっちゃうんだもの。

『出す』だけでも結構変わっちゃうのに、
何かが『入って』きたら、いったい私、どうなっちゃうのーーーー!

 

っていうところに、
潜在意識の仕組みがゴリゴリ働いた結果。

ゴールドの『Through』を文字通りスルーするー

ってなってる。
こともある。んだよ!
(いやん、高次のみんな大好きの駄洒落になっテルー)

 

あああんもったいない。
せっかく『Break』買って、全力で変えていくぞ!と決意&実行してくださったのなら、

受け取るのも全力でいってほしい!な!

 

だって、【循環】なんですから。

大きく出したら、大きく入ってくるんです。
どこかのだれかものを奪ってるんじゃない。
自分に向かって流れてくるものを、正当に受け取ってほしいんです。

受け取らずに、流れをつまらせたら、循環にならないじゃない。

 

ゴールドの『Though』買って、受け取りまくっていいんだよー。

こっちを買い増ししても、いいんだよーーー!

 

なんでもいれりゃーいいってもんじゃないからさあ。
入れるものは質量ともに厳選しないと意味ないしい?
その辺がっつりとサポート入れちゃうカードですから。
どうぞ安心して受け取って!

もちろん、
シルバーとゴールド、同じ枚数持たないといけないこともありませんので…

 

ちょっとこれを機会に、
自分の心と向き合ってみてくれたらウレシー。

 

『Breakthroughカード』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です