1件のコメント

こだわりはないけどどうでもいいわけではない

一昨年から一年半ほどかけて、
居間の家具を全部白に買い替えました。

先週、冷蔵庫と小さい食器棚も白にしました。

ということで、大きい家具がほぼ白になったわけですが、
そこはかとなく落ち着くようになりました。
あ。カーテンも白です。

なにせ、
10代からずーっと使い続けていた家具も多く、
幾度もした引越しでも、家具家電を一気に買い揃えることはなくてね。
(お金なかったからね)

必要だったり壊れるたびに、条件にあった中から好きな色を選んでいたら・・・

そらもうバラバラですよ。統一感ないよ。

まだそういうのが好きだったりすれば、
研究したんでしょうが、インテリアに全く興味が湧かなかったのね。
ものを飾るのが好きでなかったので、
巷の雑誌のインテリア特集とかも、参考にしたいとかなかったのよ。

 

でもさあ、色だけでも揃えてみてようやくわかったよ。
色がすくないって、すごい落ち着くのね。

 

こだわりがないからといって、雑然としたいわけじゃない。
こだわりがなくても、すっきり落ち着いて暮らしたかったよ!
こだわりがないからこそ、家具の存在を気にせずいたい!

 

いやーもうさ、
こういう人間にも届くように誰か言って欲しかった!
どっかに雑に書いておいて欲しかった!

だから今、私が雑にここに書いておこう。

「興味ないなら、とりあえず白にしとけ」って。

 

ナチュラルな木の素材とかもあるからね、
それこそ無印とかにしとけば、それなりに雰囲気揃ったんでしょうね・・・無印偉大・・・
(大学に入った頃は買ったりもしてたね)

しかし木は色味と手入れが難しいのと、
そもそも私自身がナチュラルテイストが合わないので、
白、もう人工の白でよかった!んだ! 化粧合板万歳!

 

・・・ってね、
どうしてもその対象物だけを近視眼的にみてしまっていたから
こういうことになっていたわけですよ。私は。

引きで見て、
部屋全体とか、お家全体とかでみればよかったわけです。

全体がうまくまとまるにはどうしたらいいかって考えれば。

そこが全然できてなかったんだなあ。

 

むしろ、やーっとわかってきたからこそ、
いろんなことがまとまってきたのかもしれないなあとも思います。

家だけじゃなくて、服とかやりたいこととか人とか。

要らないものを手放して手放して、要るものだけが残って。
本当に好きなこととかモノがわかって。
いろんな優先順位が決まって。

ようやく、視野が狭かったことに気づいた。
引きで見れば、難しいことはあまりなかった。やればいいだけだった。

おそ!遅いけどね!

ラストスパートかけれたみたいでよかった。

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です