そうかやるのかやるならやらねば

今日はエネルギーデトックスワーク協会の
1dayセミナーでした。

今回はかなりの少人数、かつ全員認定セラピストで、
しかも何度もセミナーや練習会に来てくださってるメンバーでしたので…
せっかくなので、いつもとやり方をガラッと変えてお送りしました。
やっぱり立場ごと変えるのが、一番理解が進むからね!

次は
3/17(日)に茅場町でお待ちしております。

大阪は3/13(水)! シフトのお休み取ってくれーい。

1dayセミナー&認定セラピスト制度について

待ってるよー。

 

今日はね、
お弁当(超簡単なやつ)を持参したところ
「マイコさんが、お弁当作るのですか?」と驚かれました。わははは。作るよ。

もともと勤め人時代もほとんどお弁当だし、
今でも家族のとか、毎日作らないといけないプレッシャーはしんどいですが、

【限られた時間と材料で、飽きないように作る自分のお弁当】

なんてーものは、工夫とチャレンジのしがいがあって、
実は結構好きなのです。
ほぼほぼすっからかんの冷蔵庫の中身だけでやりくりとか燃える。

 

最近ね、上のみなさんと意見交換をしてるときに、
つい
「ボーーーーッと生きてんじゃねえよ
「ボーーーッとやってないで、ちったあ効率よくするとか考えろよおお!」

と、チコちゃんばりに軽くイラっとしてしまうことがあるのです。

…なんですけど、
よく考えてみたら、あらゆるリソースが有限とか、
制限とか不都合とかあるのはこっち(地球)の話でね。

そういうのがない高次の世界で、
効率を追求するという発想が、そもそもなくっても、
ちーっともおかしくはないんだよねえ。

 

だから言ってみれば、

『あるものでなんとかやりくりする』

『時間や予算のない中で、最大限に良い結果を出す』

『既存のものを改良させてさらに良いものを作る』

『あるものとあるものを掛け合わせて全く別のものを作る』

…なんてーのは、
地球だからこそできる発想なのかも、しれないね。

なのでね、
制限とか不都合とか限界とかいろいろあって、
「なんだよもう!」とかほんとイラついたりもするんだけどさ。

それがあるから、

創意工夫する楽しさとか、
挽回した時の「やったったぜ!」感とか、
困難に立ち向かう時の「おれはやるぜおれはやるぜ」な武者震い的なやつとか、

そういうのを味わえるってことはあると思うのよね。

 

そういうのをやりたくて、ここに来てたりもすると思うのよ。みんな。

 

ところで私は。ほんの30分前。
前から考えていた、とある個人的な新しい試みをやろうとしたら、
ものすごい自分のダサっぷりに気づきましてね。ダサすぎてダサすぎて衝撃を受けたんですけど。

次の瞬間。
そっからの挽回のとりあえずの一手と、
もういっこ思いもよらないクリエイティブなアイディアを思いつきました。

形になるかどうなるかわからんけども。

これだから、やめらんねーなー。
ってちょっとニヤってする。

そういう自分は結構好き。

(って、ようやく思えるようになったのも進歩だ!)

 

ノートの早割、もーすぐおわりよー。

『TUNING MYSELF NOTE 2019+』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です