Re:『さよなら』を受けとめるためのおはなし

前の記事で、

『別れ』について書きました。

『さよなら』を受けとめるためのおはなし

 

【自分に向き合う】をコツコツ続けていくと、
エネルギーとか波動とか上がっていくよ。
そうすると、合わなくなった人と離れていくときもあるよ。って。

と書いたのですが。

 

必ずしも、離れる理由が、
『自分が上がっている』とは、やっぱり限らないのです。そらそーさ。

ので、それについて書くよ。

 

人間関係だからね、こちらの一方的なものだけではないから、
他にも理由はたくさんあるんだけど。

 

そうだな、こんなのをよく見るんだな。

・そもそも人生のある時期だけの関係
・自分が下がったからそこにいられなくなった
・自分のやるべき課題からズレまくってる

人間関係は、長く続けるのが良いと思われがちですが、
ある一時期、またはある目的のために一緒に過ごすこともあるわけです。
その役目が終わったから、関係も終わりってことは、ある話です。

たとえ切磋琢磨する良い関係だったとしても、
「そのステージだけの関係」だったってこともあるのよ。

 

あとは、
もともと『その関係自体に無理がある』ってこともある。
歪過ぎて、どちらかが明らかに無理をしていたりして、
そのバランスが何らかで適正に戻った結果、関係が解消するってことね。

 

それから…陥りがちなのが、

【自分に向き合ってきた】つもりが、
実は肝心なところから逃げていて、そのツケが回ってきて

人間関係が切れるってことがあるのだよ。

 

例えば、のケース。
『自立』とか『ひとりで内省する』とかが課題なのに、
急に「パートナーシップが大事」とか言い出して…
いやそっちも大事なんだけど、完全に今の課題に対しては逃げオブ逃げ、なわけ。

 

それから、また別のケース。
『スピリチュアル依存』『ワーク依存』。
何かというと、すぐそっちに行く。
なんというか、もうワークに取り組んでいること自体が、
『逃げ』の一手になっちゃっていてね。

 

どちらのケースも、

「自分ちゃんとやってるし!」って自分自身は思ってるし、確かにやってるんだけど

……

 

本当にやるべきことが、ズレている、んだよ。

それじゃないの。
課題はそこじゃない。

だいたいは、自分がやりたくないって思っていることなの。
人に言われるのも嫌なの。笑。もしくは怖くて結局やらない。笑

やりたくないし、言われるのも嫌なくらいだから、
一人だとまーそれなりの理由つけてやらんしね。「自由意志」とか言い出すし。
(自由意志の意味間違ってますけどね。それ)

 

でも、やらないから課題が何度でもくるわけです。
だって、やってないからね。
だから、変わらないんです。

 

やるべきことがズレすぎて、課題から逃げ過ぎて、安易な方に行っちゃって、
波動も上がるどころか、どーんと下がってしまって、
人が離れていくことになったり、
今までいられたはずの場から、いられなくなって…というのも、あるんだよ。

 

これ、実は結構多いからね。(小声

 

藤咲のセッションとか会議とかきてくださった人には、
ばっさり指摘するんで、
「ええええええ!それだけは嫌ーーーー!」とかめっちゃ言われますけど。苦笑。

やりたくなさ過ぎて、なかったことにする人も少なくない中、
それでも、頑張ってコツコツやってくれてた人は、
ばーっと変わるのです。目の前が。

その結果、前の記事に書いたような『別れ』があったりするんだけどね。

 

まま、
世の中そう単純じゃないからね。
原因は一つとは限らないし、いろんなことが絡んでいる場合もある。

でも、こういうこともあるんだなってことを知った上で、
自分を振り返る材料にしてもらえたらなーということでね。

また続きは書きまーす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です