『自分のご機嫌取り』は気休めじゃない

前回に続き、『じゃない』シリーズです。

 

のんびりしたことばかり
書き続けるようになりましたが…

こういう時ほど、

『自分をいかに機嫌良くさせることができるのか』

がめちゃくちゃ大事なのです。

 

何もしなくたって、状況は深刻なのです。

そんな中、自分の機嫌を上向きにする努力をしなかったら、
ずーっと機嫌悪い。下ばっかり見る。他人のアラばっかり気になる。
機嫌が悪かったりストレスでパンパンだと、ご飯食べても消化が悪くなる。
消化吸収が悪くなったらさらに栄養不足が進んで、
元気でないし肌も腸も荒れて余計イライラする。
当然「免疫力」ガタ落ち。

ずーっとイライラしてるって、
周りにサイキックアタック無差別に飛ばしてるようなもんだし、
波動も下がってるから、近づいてくる人も下がってる人。おそろいや。

なんだよもーロクなことないよ。

 

とゆーことで、
『自分の機嫌取り』は、
対症療法どころか、いろんなところで大活躍。だから全力で行いたい。

 

 

会社員時代の私は、昼休みはビルの屋上とか広場とか、
近くの公園とかでお弁当食べてぼーーーーーっとするのが好きでした。
あ。家のベランダでもゴザ敷いて昼寝してたね。

今は緑や水辺の多いところに走りにいくのがお決まりですが、

リビングの出窓から見るお隣の庭(笑)の緑を眺めるだけでもほっとする。

 

音楽や小説、ドラマでも、
ひとかけのチョコレートでも、一杯のコーヒーでも、
家のすみっこでも、職場のトイレでも。

 

数分でいいんで、目を閉じて一息ついて、
今いる場所と状況から、いったん自分を切り離そうとするだけでも、
結構効果あるので、試してみてね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です