自分個人で活動していくってことは

会社勤めをしていた頃は、
自分の周囲の人も、みな会社で働く人ばかりでした。

サロンをしている自分の母くらいなもんでしたね。自営って。

 

それから数年、
今私が個人的に会っている人は、いつのまにか、ほぼほぼ自営業の人に。

(私自身、ほとんど人に会わない生活をしているせいもあるんですけど。笑)

 

美容や身体のメンテナンスをお願いしている人も、
みんな個人やオーナーの立場でやっていらっしゃるので、そう言う意味でも、
受けに行くだけでも、その時間全てが自分の仕事に対する勉強になります。

 

私が会っている、
「人気のある人」「長く続けている人」「腕の良い人」は、
例外なく、

『尋常じゃない人』

たちです。

 

努力とかコストとか思考とか気遣いとか、行動量や決断のスピードとか、
お金の使い方とか自己投資とかプライベートの生活習慣とか、
何から何まで質も量も圧倒的に全然違います。

自分で仕事をしていく以上、

「これだけやったらOK」

なんてーものはなくって、
どこまでもどれだけでもやるって、当然のような顔でこなしてる人じゃないと、
多分うまくいかないんじゃないかなあ、と思います。

 

「言われたことをこなす」のは単なる前提。
つまりプラスですらなく、「ようやくゼロ地点」に立てたところ。
その先の、「どれだけ自分で自分に課していけるか」っていうのが本チャンだと思ってるです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です