【お知らせ】個人セッションの受付を再開します

個人セッションの受付を
新メニューにて再開します。

 

ここ2年ほど、スピリチュアルワークではない
エネルギーデトックスワークセッションや、
一般的なコンサルセッションにもかかわらず、

『スピリチュアル的な問題への対応をしなくてはならないケース』

が、頻繁に起きるようになってきました。

 

わかりやすい例を挙げると、
複雑な霊障対処、先祖カルマの解消が必要であったり、
前後の雑談や本筋から少し外れた時に、重いトラウマやブロックが噴出したり。

高次の存在がセッションに乗じてねじ込んできていたり、
解消・解決できる相手(私)の前だからこそ出せるものであったりと、
理由はそれなりにあるのですが…

 

私の個人セッションで突然噴出してくるような問題は、
どれもこれも、当人では気づくこともできず、もちろんそうそう解決できない、
いわば、『超ド級に重い案件』ばかりです。

そんなものはまったく存在しないのですが、
仮に「スピリチュアル問題解決の虎の巻」みたいなものがあったとして、
こちらで出てくるは、そこには載っていないものしかこないです。
まあ存在しないんだけどさ。

そもそも霊障も先祖カルマもトラウマやブロックの対応も
ある程度は普通に消耗するものですが、
『超ド級に重い案件』なんで、提供側は信じられないほど消耗します。

 

提供している私からすると、
対処しないと当初の問題が解決しないから、当然やるわけだけども、
もともとのメニューを大幅に逸脱、激しい消耗に加えて、
時間はオーバー、内容といただく料金には大きくズレができてしまうし、

クライアントさんの立場からしたら、
まったく予想もしないことが起きて、
事前に望んだイメージのセッションにならないこともあるし、
理解できず展開についていけないと、満足度も低くなってしまう。
たとえ、こちらが必要な対処をしていたとしても。です。感情は別ですからね。

かといって、
目の前の大きな問題が出てきているのに、
「それは今回のメニューから外れるから手はつけませんね」と
見て見ぬフリをすることなどもできないし。

なにより、スピリチュアルやエネルギー的な問題の解決自体が、
数年前と比べて相当難しくなっており、
自己解決はおろか、かつては対応出来ていた提供者すらも厳しいのでは?とも
思うほどです。

 

…と、いうことで、
今回、個人セッションの内容を改めて構成し直し、
新しいメニューで再開することにしました。

 

ここまで書いて、すでに長いので、
詳細は次の記事で!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です