【お知らせ】個人セッションの受付を再開します 続き

前回の記事の続きです。

【お知らせ】個人セッションの受付を再開します

 

現状を鑑みまして、
「スピリチュアル的問題が想定外に差し込まれること」を想定のうちとした、
個人セッションメニューを作りました。

想定外が出ること自体を想定内にしたのだ。

その名も

【突発的スピリチュアル問題等を前提とした個人セッション】

4時間のセッションです。

2部構成にしており、

1部では「ヒアリング〜チェック及び施術〜インターバル(休憩)、
2部では、1部の時点で割り込まれてきた、発生したスピリチュアル的問題への
対処をします。

1部が終わった時点で、対応すべき問題が解消していれば、
そこでセッションは終了となり、差額を返金いたします。

例えるならば、1部で『人間ドック』を受けて、異常なしならそこでおしまい。
異常ありならば、2部は『即日入院・即日手術』が受けられます、的な感じ。

もしも1部で終わりと判断しても、終了・返金せずに
「残りの時間、カウンセリングしてほしい」などの要望はお受けします。

問題がなければエネルギー的なメンテナンスになり、
問題が起きた場合は、その場で対処することができます。

 

それからもうひとつ、

【問題解決のための個人セッション】

を用意しました。
こちらは2時間です。

「肩の不調を改善したい」「来年に向けての指針を立てたい」
などの、明確なテーマが既に決まっている人のためのセッションです。

あらかじめ1つのテーマを提示していただき、その問題の解決を目指します。

内容がスピリチュアル関連、非スピリチュアルにかかわらず、
解決に必要であれば、施術やスピリチュアル的対処もいたしますが、
扱うテーマは1つとさせていただきます。

昨年まで開催していた
「ひみつ会議」「プライベートコンサル」と同内容をご希望の方は、
こちらをご検討ください。

ちなみに、これまでの経験上、
クライアントさんが明確に問題意識を持って望んできたセッションでは、
突発的な問題が差し込まれることはあまりなかったですね。
意識に差し込まれる余地がない、ということかもしれません。

 

まとめると。

「これをどうにかしたい!」
「これについて聞きたい、教えて欲しい」等、具体的にわかっている場合は、

【問題解決のための個人セッション】を。

「何をどうしていいのかわからない!」
「話を聞いて一緒に整理して欲しい」
「いろいろ視てチェックして対応して欲しい」とふんわりしているならば、

【突発的スピリチュアル問題等を前提とした個人セッション】

をお選びいただければと思います。

 

セッションについてはこちらからどうぞ!

対面個人セッション

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です