ワクチン副反応軽減策備忘録

2回目の接種を受けました。

副反応の重さを危惧していましたが、
比較的軽めで乗り切れたので、
書き残しておこうと思います。3回目もあるかもなので…

<やったこと>

・接種後より『葛根湯』を4時間ごとに内服
・就寝前に『ユンケルDCF』(カフェインフリー)を飲む
・『ビタミンB群』『ヘム鉄』のサプリメントを飲む
・食べられるうちに『脂質多めのタンパク質(肉)』を食べる

 

頭痛や倦怠感は翌日にあったものの、
発熱ナシ、摂取した側の腕の痛みもナシ。
しっかり眠れたので、2日後の朝には「元気元気ー」となりました。

 

葛根湯には「体を温めて免疫力を上げ、発熱を抑える作用」があるので、
翌日の夜までこまめに飲むようにしました。
漢方薬は、1回飲んだだけじゃ意味ないっす〜。
頭痛や体の痛みも、葛根湯を飲むとおさまったので、ほんと感謝です。

そいでもって、
ワクチンが体内に入るということは、
体内が戦闘態勢にはいるわけですから…思ったわけです。

『栄養はいつも以上に補給すべき』

と。
だって全身働きまくるということは、
つまり栄養の消耗も激しいっていうことじゃん。
それからもれなく腸内環境も乱れるじゃない?

 

ということで、
食事でも、サプリやドリンク剤でもしっかりと栄養補給。
高タンパクでビタミンB12や鉄も豊富な「牛すじの煮込み」をスタンバイ。
お昼にはカツ丼を作ってがっつりと!

翌日にも発熱はなかったものの、この日は食欲がなかったので、
日中は食べずにビタミンBのサプリやビタミンCを飲んで過ごし、
だいぶ調子が戻ってきた夜ご飯には、ボーンブロスで作ったお鍋を。
水分補給は薄めのお茶と常温のお水でした。(飲みたくなったのがこれ)

 

熱が出ると体が痛いし消耗もすごいので、
回避できたのが大きいです。
それから初回は気になった上腕の痛みも少しだけで済み、
私的には副反応が最小限で済みました。

なので〜。
一応用意しておいた、氷枕もイオン飲料も甘酒も手付かずでした。

 

今回の対策は、対症療法ではなく、
『栄養補給をして体内の機能を上げる・消耗を抑える』が目的

別にワクチンの副反応だけに限らず、
風邪とかインフルエンザの時とかにも使えるので、
そういう機会があったら試してみてください。

 

葛根湯は使い勝手がとても良いので、常備しておくのをお勧め。
ちょっと冷えたな、と思う時に飲んでおけば、風邪まで行かない。
腹痛や肩こりとかにも効くよ。薬局で買えます。

 

ドリンク剤やサプリも含め、
普段のうちにいろいろ試して、自分に合うものを見つけておくといいよねー。

私はドリンク剤はいつもこれなので、箱でストックしてます。
カフェインレスを選んで、就寝前に飲みます。
家族が不調の時もこれ飲んで早寝させまーす。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です