クローゼットのトトノエから始める

世間が通常モードになって落ち着いてくるあたりで、
これからどうしようかなーと思うようになります。

そういうタイミングでガイドからも
「どーすんの?」と聞かれるので、
もうちょい固めたいから待って、と返しておきました。

 

去年のテーマとは、
真逆に行ってやろうかな、とじわじわ考えていて、
そういう方向性を変える時に私にとっては欠かせないのが、

『ビジュアルイメージ』

です。
過去に観た創作でも、思いついた抽象的な色や形でも
着たい洋服や欲しいバッグ、やりたいことでもなんでもいいんだけど、
そういう何かしらのビジョンが、欲しいのよね。
自分にさえわかればいい、自分の脳内ビジョンね。

 

思いを巡らせたり、書き出したり、
いろいろ観たり調べるのも、もちろんするんだけど、
家の中で一番手っ取り早く手をつけられるのが、
実は『クローゼットの整理』だったりします。

 

眺めて取り出して触って当てて、
「なんだか今は違うな」と思ったものを取り除きます。

厳選後なので、
今は即処分なんてこともないけれど、
とりあえずクローゼットから外して、洗って干して、
整えた後に、見えないように一度綺麗に仕舞いまして…

 

クローゼットの中には、

『今、視界に入れて、着たいと思う服』

だけにします。

 

その上で改めて、

ああ今こういうのがいいんだな〜
なんでそう思うのかな?
これから足していくのならどういうのがいいのかな?

というのを考えていくうちに

「何が着たい」が
「それを着て何をしたい」「それがしたいからこれを着たい」って

具体的にイメージが進んでいったりするのよね。

 

まあ、ごくたまに、
何も思い浮かばないこともあるけれど…

それでも、綺麗なクローゼットになったんだから、
何にも損はないし、むしろ得にしかならんよねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。