フツーの話が多い理由

わたくし藤咲舞子は、

スピリチュアルワーカーなのに、

そういうメニューを提供しているのに、

なぜスピリチュアルの話よりも日常の話が多いかというと。

 

スピリチュアルを日常で活かすには。

・自分がどうありたいか、どうしたいかを自ら考えられること

・自ら動くことができること

・内側と外側の両方から自分を整えていくこと、

が必要だと思っているからです。

 

いくらチャネリングが上達したとしても。

「自分がこうしたい!」という方針や希望がなければ、

何も動きません。どこにもいきません。

ガイドに言われるまま動くのでは、親や会社や社会の言いなりと

何も変わりません。

「自分はこうするんだ!」と自ら行動しないのならば、

欲しい結果は手に入りません。

 

いくらエネルギーワークが上手になっても。

「何にどう活かすのか」を自分で考えなければ、

使い道はありません。

 

いくらブロックを外したとしても。

家の中にこもって、何もしないならば、

やっぱり現実は何も変わりません。

 

魔法じゃないからね。

誰かが「ここではないどこか」に連れてってくれるわけじゃないからね。

 

知識や技術を学んで、トレーニングしたものを、

いかに日常や仕事、やりたいことで活かせるのか。

サポートツールとして、いかに成果を出せるのか。

っていう方が大事だと思っているのです。

 

スピリチュアルを学ぶ動機は人それぞれだとしても、

「この人生をより良い人生にしたい」というのは、

おそらくみんな共通のはず。

まずは自分を整えて満たして、

そのあとに他者への貢献とか、あるなら使命とか、でいいと思うのです。

 

そのために、割と効率良い手段として、

「エネルギーを感じとれるようになろう!」

っていうのが、わたしが思っていることで、日々書いているのです。

 

長くなっちゃった。

エネルギーわかるとどうなるんだよっていうのを、次こそ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です