花粉症シーズン前のトトノエ

そろそろ花粉症の時期がやってくるので、
食事を変えていこうと思っております。

花粉症の時期の私は

・小麦NG、糖質自体を減らす
・冷たいものは避けて温かい食事を
・食べる量を減らす(なんなら食べない)
・リンゴや葉物野菜を摂る
・魚メインで、お肉は鶏肉まで
・スイーツはチーズケーキやプリン、ゼリー
・カレーや揚げ物などの油ものを避ける(良質なオイルは摂る)
・乳酸菌のサプリメントを摂る

を心がけるようになりました。

 

花粉症の時期、私は、
「疲れると胃腸が熱を持って腫れ上がっている」ような体感がものすごくします。

なので、上に挙げたような花粉時期の食生活は、
腫れた胃腸でも食べられそうな、熱が落ち着きそうなものをただ選んでいたのだけど、
実は、胃腸の負担をやわらげるために、消化に時間がかかる炭水化物よりも、
すぐに消化される葉物や果物…と、無意識に理にかなっていたことをしていたようです。

 

私の花粉症デビューは6年くらい前と、
比較的最近なのだけど。

ある年の春、遠出の帰りに、一人新幹線で缶ビールをプシュっと。
ほげーっとしていると、
涙とくしゃみと鼻水が急に出まくり止まらない。
持ってきたティッシュはあっという間に使い切り、
こだまなので車内販売も駅員さんも来ない、症状は酷くなるばかり…な地獄に遭いました。

後から、
「もしかして、小麦がダメだったのかもしれん」と思い(あと冷えたのもダメだと思うけど)
試しに小麦製品を止めてみると、少し楽になりました。

 

その時は花粉の飛ぶ時期だけグルテンフリーをして、
他の時は普通に食べていたのですが、
やがて、日常の中でだんだんとこんなことに気づき出したのです。

・天ぷらを食べると舌の先が荒れる
・お好み焼きやラーメンを食べるとしんどい
・チェーン系のドーナツ屋さんのドーナツやスナック菓子でぐったりする

…などなど。
外食と自炊では違うのかとか、お店ごととか、いろいろなことを試したのち、
どうやら「そもそも小麦と相性が悪いのでは?」という仮説が出てきました。

いきなり体調が悪くなるとか、アレルギー症状が出るとかはないけど、
弱っているときに食べると、一気にしんどさがでると言う感じ。

しかも、そういうのをかなり長いこと気づけませんでした。
わかりやすい症状が出るわけではないし、
舌の荒れは「やけど」か「衣で舌を傷つけた」のかと思っていたし、
しんどいのは単なる食べ過ぎなんだと思っていました。

 

だいたいね。
だって私ね。

 

小麦粉製品大好きなんだもん!

パンも麺類も(特にパスタ!)ピザもすいとんも粉物も焼き菓子もめっちゃ好き!大好き!なの!

あんまり認めたくないじゃない…(涙目

 

しかーし。
実際食べてすぐに調子が下がるのを感じるので、
やっぱり合ってないようです。つら。

 

とはいえ、
全然摂らないのも楽しみなさすぎて悲しいので、

『普段は節制して、どうしても食べたい時だけ食べる!その代わり超厳選する!』

ということにしました。

たとえ食べて具合が悪くなったとしても、
後悔しないくらい食べたいものだけにしよう!と思ったのですね。

 

エネルギー的にみると、全体的に小麦の質自体が下がっている気はします。
どこの小麦かにもよるし、誰が作るのか、製造工程とかも違うし、
レシピとか時間とか、いろんな要因はあるし、
良い小麦もあるから、もちろん一概には言えないけども!

だから、前はオッケーだったのに、
今は私のように合わなくなってしまった人も、他にもいます。

人それぞれだと思うけど、
もし私みたいに小麦原因の不調の人もいるかも〜、と思い書いています。

 

あれ?と思ったらしばらく控えてみると良いかもしれません。
日本の食生活には小麦ががっつり入っているので、なかなか大変ですけども。
それだけに、もし当たってたら効果は大きかったりもするから。

 

長くなったので、続く!

 

ちなみに花粉や食べ物の残留エネルギーはこれで抜ける!ゾ!

ツール(エネルギーグッズ)について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です