自分で自分の手綱を握るのだ

『TUNING MYSELF NOTE 2019+』の販売は、
あと3日でおしまいです。

『TUNING MYSELF NOTE 2019+』

 

変化や驚きのご報告、いただいております。
ありがとうございます!

「正しく取り組めば、効果があるのは当たり前」

なモノを作っておりますので…

藤咲としてはね。
その先へ連れていきたいわけですよ。買ってくれた皆様を。

 

そう。
それには。

【自分で自分のコーチになる】

ってことが必要だと思っています。

 

最初はね、
『ワークノートを3周やる』こと自体、大変だったと思います。

「なんだよ同じこと3回やるって、意味わかんない」ってなるじゃない。
でもね、目標や理想、計画って、
うわべの1周で出てきたのじゃだめなんだよね。
もっともっと自分の奥底を引きずり出さないと。

結局行動に移せない。
継続できない。
そもそもやりたいことじゃない。

 

その意味がわかって、3周以上やるようになって…
自分の立てた計画が実行できるようになって…

そしたら一気に進むわけですね。そりゃー変化も成長もします。

 

だけど!そんなんで満足しないで!
最初は驚いてもいいから、何度もびっくりしてないでえええ。

「こんなことできるなんて、当たり前!」ってなっていって欲しいの。

どんどん次のレベルに行っていい。
自分でどんどん自分のレベルを上げていいんです!!

自分で設定したペースやピッチ、ハードルを、
徐々に上げていきたいわけですよ!

そうよ、だから今年は【TUNING】なのだ。

『TUNING MYSELF NOTE 2019+』をお供にして走って欲しいのだ。

 

 

実は、効果のあるワーク(やセミナー)にも、「落とし穴」があるのです。

 

それは。

「『ワークをやること』自体が【目的】になってしまいがち」

ということ。

 

『ワークを習得する』が、本当の目的なのであれば、それで全然OKなの。

でも、
目的や目標、ゴールが別のことにあって、
そのためにワークをやっているのであれば、気をつけないといけない。

 

【手段】が【目的】にならないようにしないといかんのです。

 

これは私のノートだけじゃない、あらゆるワークやメソッドに言える話。

 

集中して取り組む時期があるのも、もちろんOK。
そういうのはむしろ必要なことだよね。自分でスケジューリングすればいい。

 

だけど、ワークばかりやっていても、
現実で行動していないと何も結果は出ないのです。

そんでねー、
ワークやセミナーって、すっごい達成感があるのね。
そう、
『やったった感』が。

いや、実際やってはいるんだけどね。お金も体力も使うし。

目に見えてわかるし、計量化もしやすいし。
ついそっち(ワークやセミナー)ばっかりに行くのもわかるの。

 

でもだめでーす。やるだけじゃ、だめなのでーす。笑

 

「終わってから」「外してから」「もっとやってから」

…それっていつ終わるの?いつ行動するの?

下手するとただの逃げでーす。
私は首根っこ掴んで、ひっぱらせていただきますよ。

 

また、
「ワークをやっていたら安心」「セミナー行ってるから安心」ともなりがちです。

今は時代の流れがとてつもなく早いので、
気をつけないと、

そのワーク自体が時代にフィットしなくなってる、なんてーこともありうる。のだ。

そういうのを冷静に見極めるためにも、
もっと視野を広げて、自分で検証したり別のことも取り入れたりすることも必要なのです。

 

いろいろ自分も提供しているけど、言いますよ。

ワークやセミナーは、ただのツールです。

効果はあっても、それだけではどこにもいけない。

 

本当の目的やゴールは、忘れちゃだめだよ。

いつも意識していてね。

 

「『何のため』に、これをやるのか」ってのを明確にすると、全然違うから。

 

どれだけワークをやったか、ではなく、

【どれだけ目的やゴールに近づいているのか】

を忘れずにいきましょね。

 

もちろん、目的と関係なくて、

「面白そうだから」
「知的好奇心で」
「なんとなく」

でも、いーんです。
自分でそう自覚してやるってのが、大事なのだよ。

 

自分の優先順位は、わすれちゃーだめなのさ!

 

『TUNING MYSELF NOTE 2019+』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です