『休む』は、これからを柔軟に生きるためのスキル

最後になりました。

なぜ今こんなに私が、
『休む』の重要性を説いているのか。

理由1:【消耗の激しさ・回復の難しさ】

時代もエネルギーも風潮もどんどん変わって、
以前と比べて、とにかく何をするにも、かなり消耗するから。

ちょっと出掛けただけで、ぐったり疲れる。
慣れたことをやっているのに、なかなか回復しない。
みんなも疲れているから、どの場のエネルギーも下がっていて、
どこに行っても消耗する。

 

すごく身近でわかりやすい話をひとつしますと、
今年の夏は、マスクのおかげでさらに暑いし息苦しいし、
肌荒れもするし、熱中症リスクも上がってます。
かといって、マスクなしで出かけるのも気が引ける。

日常生活のあらゆるマナーも頻繁に変わっていくから、
情報収集はサボれません。
その上で、いろいろ悩みながら、考えながら行動するから、
さらに消耗する感じ、わかりますよね?

みんながみんなそうですから、
電車でもお店に入っても気持ちも上がらず…
どこに入っても手を消毒して、出かけてただ帰ってきて、ぐったり。

テレビを見ても、気が滅入るニュースばっかりだし、
笑えるはずのバラエティは、出演者が減ってなんだか寂しいし。

何より前なら、一晩ぐっすり寝ればスッキリ!だったのに、
今は寝付きにくいし、眠っても眠っても疲れが取れていない気がする…

 

ここ数ヶ月の生活でも、
これだけ消耗する生活になってしまっているのです。
消耗が激しい前提で、予定や休みを考え、取っていかないと、
体力も気力も回復できません!

 

理由2:【動いていけない時期に動き続けることの危険性】

身体を休める、心を休めて振り返るというのも大切なのですが、
『動いてはいけない時期』を無視し続けることは、
もう、かなりキビしいことになっています。

休むときに休まないで、
身も心も仕事もうまくいかなくなってしまった人が、
さらに休まず動こうとしているのを見て…

もうもうもう、アカーーーーーン!

と、いい加減そのループを止めたかった。

 

私は、ここ一連のブログ記事のいくつかで、
『休むべき』『動くべき』という表現をしてきました。

これはあくまで、その文脈の中で、
便宜的に『べき』という言葉を選んだだけであり、

本来であれば、
『べき』なんて思わずとも、なんとなくその流れを掴んで、

「あ、もうやめよう」
「そろそろ動きたいな」

なんて、自然に『こうしたい』と思えるはずなのです。

 

でも、この社会の仕組み上、
「休むのは怠惰」「動き続けている人こそ素晴らしい」みたいなのが
長きにわたって完璧に刷り込まれているわけですよ。我々は。

「集団や組織の中でずっと機能していくため」には、
マイペースで動かれたら困っちゃうからね。
みんなが粛々と役割を果たしてくれると社会はスムーズ。だったからさあ。

 

というわけで、
心身に染み込みまくった
『働き続けるべき』『常に動き続けるべき』には、
まずは『休むべき』をぶつけまくって、そして休む訓練をしていかないと、

いくらエネルギー的にタイミングをキャッチできたとしても、
「そうだおやすみしよう〜」なんて、
ニュートラルに思えるようになんてならないのだ!

だからまずは、しかるべき時期が来たら休めるように、
日頃からの訓練が必要なのです。
災害訓練といっしょだよ!

 

『休む時期』『動く時期』って、どうしたらわかるの?

悪天候ならば、外出の予定をやめて自宅で過ごすように、
晴れそうな空模様であれば、朝になったら洗濯をしまくろうと意気込むように。

自分の心身の動きに、自分の行動の結果に、
常に観察し、注意を払い続けていけば、
なんとなーーーーくわかってくるものなのです。

何もたいそうな未来予知をするわけじゃない、
誰かの未来を覗き見るわけじゃない。

自分の、自分だけの波を辿っていくのです。

特別な能力は別にいらないんです。本当はね。

 

しかしね。
ここからが非常に悩ましいのだけど…

回復できずに疲れて切っていると、
また、周囲の諸々の影響を受けて波動が下がっていると…

エネルギーのような、繊細なことに対する知覚は鈍ります。不安定、という感じですかね。

当然直感もうまく働かないし、タイミングもなんだかわからない。
あ。チャネリングもできていないと思った方がいいよ。
仮にできてると思っても、正直、質は怪しいもんだね。

自分の心や体からのメッセージも無視してるから、
そのうち、自分がどうしたいかとかもわからない。
何が好きで、何や嫌いとかも、なんだかもうよくわからない。
食べたいものも行きたいところもわからない。

 

私のクライアントさんで、
「休んだ方がいいよ」と言うべきタイミングだったとしたら、
はっきりお伝えすることもあるのですが…

だいたい右から左へ、スルーされてしまいます。
うまくいってなくて、どうにかしたいと焦っているから、
この状態だと、他人からの助言も入っていかない

 

つまり、「疲れた」「休む時期だ」というサイン自体、
どこからも受け取れなくなってしまうのです。

 

そして、麻痺して回復できない頭と心を抱えたまま、
ずーっと動きつづけることになって…

最終的にどうなるかというと、
怪我や病気や事件・事故、その他さまざまなトラブルなどで、
ようやく、ようやく、強制停止をくらうわけ。だ!!!!

 

…つらいぞ。

だから、こうなる前に、
休む時期がわかるくらいまで、疲れていることに気づけるまで、
誰かのアドバイスや助けを受け取れるくらいに、

休んで回復しておくことが必要なのです。

 

今のうちに、『休める自分』になろう

これから先どうなっていくか。

少なくとも、寸分違わず元通りの生活に戻ることは、ないです。

今後より一層、常に新しい流れに、新しい生活の様式に、
対応し、慣れ続けていくことは、誰にとっても必須スキルなのです。

だからこそ、
世界全体の流れが、自分の生活が、止まらざる、ゆるまざるを得ない今が、
ある意味、最後のチャンスとも言えて、
このタイミングで身につけておいて欲しいと思って書きました。

 

いま何をやったらいいか、どんな時なのかは、
さりげなくいつも、私のブログを通して伝えています。もう何年も。

押し付けるつもりはないけれど、
「今はこうしてるよー」っていう形で書いているんです。

私のブログを読んでくださっているということは、
何かしらのご縁があるということですから、
少なくともその方には、可能な形で可能な限り伝えたいな、と思っています。

勘のいい方、エネルギーを無意識でも感じ取れている方、素直な方は、
リアルタイムでいろいろ取り組んできた私の記事から、
自分にも必要だと読み取った上で、
ご自身の生活にフィードバックし、すでに実行されてきたと思いますけども!

 

そんな私が、どストレートに

【『休むこと】はコストを払って習得すべきスキル】
【今のうちになんとしてでも身につけろ】

とまで言い切りましたので…
ひとつよしなに。

 

最後になりますが。

なかなか習慣づけができない。
やめたくてもやめられない。
周りが気になって変わるのが怖い。

そして、

何が良いのか判断がつかない。選べない。
せっかく減らしたり断ったから、入れるものを吟味したい。
豊かさを受け取れるようになりたい。

ということに『循環』『流れ』を通してサポートするグッズを出しております。

『出す』をサポートする【BREAK】、シルバーのカード
『入れる』をサポートする【THROUGH】、ゴールドのカードです。

今春、より現在の状況にマッチしたエネルギーに
バージョンアップしております。

『Breakthroughカード』

『流れ』といえばこれっしょーーー!

お持ちでない方、お買い増しの方。この機会にぜひ。

ちなみに、『BREAK』の方は在庫僅少になってきました。
お早めにどうぞー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です