2020年8月のクローゼット

真夏すぎる今のラインナップ。
今年は『気温』で決めているので、30度以上、
つまり来月の真ん中くらいまでは、この中身で。

ワンピース ×4
ノースリーブカットソー ×1
パンツ(キュロット) ×1

合計6着!

毎日夜に洗濯して、今なら朝には乾く(室内干しでも)ので、
極端な話、【超絶お気に入りのワンピースを1着】でもなんとかなるなあきっと。

ごくごくシンプルな無地だけなので、
合わせる小物で、気分を変えています。
今のマイブームは「バンダナ」! 巻くのが可愛いそして意外と涼しい。
ハンカチにも使える!というか、もともとお弁当包みとして買ってる…

 

例年お盆が終わって、だいたい8/20くらいに
「そろそろサンダル終わりだわ」という気持ちになるんですけど、
今年は長雨だったので、さらにトータルの着用回数が減るのですね。

私はサンダルあんまり要らないんだな…
着用回数が少ないから、劣化もしなくて毎年履いてしまうけども。
今年の夏終わりで、2足手放すつもりです。

 

振り返りますと、
2015,2016年で大量の服の断捨離に取り掛かり、
2017年の夏から本格的に「10着で過ごす!」的ミニマムクローゼット
を目指し、
少ない中でも、トライアンドエラーを繰り返し続け…
そして今年…ええー2020年かー。数字で見ると怖ー。

 

今年のクローゼットが、一番納得いく感じになってます。

色も形も似たような服しかないんですけど、
似合うものがそれならば、似たり寄ったり同じでいいんだよなあとやっと思えた。

運動習慣がついたので、
スポーツ系アイテムを普段着に取り入れられるようにもなったのも大きい。

(前は「運動してない自分が着るのはおこがましい」的なのがあった)

むしろ自分の生活に足りなかった要素『スポーツ系アイテム』が入ったことで、
私的にはちょうどいいバランスになったというか、調和した気持ちがしてます。

 

『一着の服を選ぶってことは、一つの生活を選ぶってことだぞ』

という、
山本耀司さん(ヨウジヤマモトのデザイナー)の言葉の意味が、
わかってきた気がします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です