カフェでリカバる

特に何をしているわけではないと思うんだけど
(してないわけでもないんだけど)
そこはかとなくどこかが疲れているような気がして、

疲れないような努力(笑)や休養は結構取っているんだけども…

 

どうしたもんかなあと途方に暮れかけたとき、
ふと思いついたのが

「好きな場所でぼーっとする」

家でも走りに行ってる公園でも、結構ぼーっとしてるんだけど、
そうじゃない『場所』が当てはまりそうで、
自分の過去を振り返りながら、あたりをつけたのが、

天井が高い or 全面ガラス張り or テラス席の人の少ないカフェ!

 

その日のうちに、行ってきました。
隣駅にあるスターバックス。
運良く窓際端っこのカウンター席が空いていた!

座って本も読まず、スマホもいじらずに、
ただただ呆然と暮れゆく空を見上げていたら、
壮絶に癒される感覚がして、
これかーこれだったのかー!と思わず感動してしまった。

(自分ちの近くにも2件スタバあるんだけど、こっちじゃだめなんだよねえ)

だいたい30分くらいいられるとちょうどいい。

 

あのー。
喫煙していたころは、まだカフェにも喫煙席というものがありまして。
喫煙席って、人が少なくて、特に女の人が少ないので、
割と静かだったんですよね。

そこでタバコを吸ってぼーっとするのが、
長いこと、私のリカバリーの仕方だったんですよ。

で、世の中の禁煙が進み、自分も吸わなくなり、
気がつけば喫茶店やカフェというものに、一人で行くことがなくなりました。

 

別に無理はしていなかったはずなんですけど、
私にとっての大事なリカバリーの手段をひとつ、無くしていたんですね…

 

公園や家も十分好きな場所なんですけど、
『静かなカフェ』っていう【要素】が必要な時もあるんだなあと。

最近通い詰めているお店もあるのだけど、
そこは個人店で味もとても美味しいから、
人気だし常連さんも多いし、他の人の会話が聞こえすぎて、
落ち着いてぼーっとするところではなかったのです。

(だから飲んだらすぐ出てた)

 

私が『カフェでリカバリー』をするならば、

「味は二の次、むしろチェーン系で、とにかくお店の環境重視」

ということが判明しました。

 

もちろん美味しいのは嬉しいんだけど、
それで混んでしまうのであれば、本末転倒なので…
自分のコンディションで使い分けて、うまいこと回復につなげたいな、と思います。
「美味しいものを食べて元気出す!」をしたい時だって、あるからね。

 

 

今日もひとつ見つけました。
上のプッシュで訪れたところが、なんと私のお好みどストライク。さすが。

家の近くじゃないけども、都心の緑に囲まれたテラス席。
座ってるだけで、自分の奥の何かがずるずる動いて、
自分自身もぐずぐずになっていく感覚になります。

 

そうそう、
私は昔から『エアポケット』みたいな場所が好きだったんだよなあ。
と思い出しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です