昔の私に教えたい『服の選びかた』

月曜は半袖、
火曜水曜は長袖シャツ一枚。
木曜の今日は…寒い寒い寒い!!!

あれよあれよと気温が下がって、
秋ど真ん中感溢れますよ。金木犀も散ってしまうわ。

 

今日は少し時間があったので、
今の時期のコーディネイトをあれこれ確認しました。
全身鏡の前でちゃんと靴も履いて、バッグやアクセサリーまでサボらずに。

家ならガバッと着替えられるので、
確認した時間はほんの10分くらい。
忘れずメモっておいたので、あとはその中から予定に合わせればオケー!
靴や小物の組み合わせも悩まなくていい!

 

私的メモで一番重要としているのは、

「これとこれの組み合わせは変だからやめろ」

というNGコーデリストです。
OKコーデよりよっぽど有益な情報なんです!まじで!

 

以前は、たくさん服を持っているのにも関わらず、
いつも「着る服がない…」と凹んでいました。

あれは要するに、

『(私が着たいと思える)服がない』

だったんですよね。自分で選んだ服が並んでるのにね…おかしい話だ…

 

もし私のように、タンスやクローゼットの前で途方に暮れている人がいたら

「自分が着たい服ってどんなのだろう?」

って、先に考えてみることが大切だと思います。

まるまる理想の自分の姿を思い描いて、
ライフスタイルごとそっちに近づけていくっていうのも、
もちろんアリなのですが…

まずは、

「今の暮らしの中で、自分が『着て過ごしたい服』ってどんなのだろう?」

っていうことから、考えてみるといいと思います。

 

すっごく当たり前のようでいて、
実は「その洋服単体にときめいて買っちゃう」ことが多かったんだよね…

「自分が着て過ごす」ということに、自分の意識が漠然としすぎていて、
選んだつもりが選べてなかった、つまり、イメージできていなかったんです。

一口に
【TPO+P(time,place,occasion+person or position)】
といっても

・自分にどういう場があるのか
・その場でどう振る舞いたいのか
・自分や他人にどう見られたいのか(自分も含めたいの自分も)

っていうのをイメージした上で、
じゃあそれにハマる装いって何?って考えていけばよかったんだよねえ。

 

いまの私はですね、
『着ていて心地が良い服』というのを選ぶ基準としたんです。

普通に自分の着心地が良い素材、色、デザインもそうなんだけど、
「その服を着ていて、どこにいても誰と合っても、
自分らしくいられる」っていうのを大切にしています。

1日中着ていても苦にならないけども、
どこにいてもそこに馴染んで、自分が違和感を覚えないような服が好きです。
今は、ですけどね。

 

 

こういう自分の軸が決まると、
あとはそれにそぐわない服を着なければいいだけなので…

これを、もっと早く知りたかったよねえええええ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です