最近のトトノエ 〜番外:娘編 その2〜

新年度に向けて、娘が盛大に断捨離をしたそうで、
夜、その仕上がりを一緒に眺めていたら、
わ、わたしも減らしたい…とそわそわしてきました。

しょっちゅうやってるし、つい数日前も減らしたから、
そわそわしたところで、減らす候補はないんですけどね…伝染するのよ…

 

娘曰く、

「片付けるときは一度全出し」
「ゴール(目標)を決める」
「売る・捨てる・譲るにわける」

を念頭にやったとのことで、
何度も一緒について片付けを教えてきた甲斐があったなって…(感涙

 

単純に片付いて綺麗になるのは気分がいいし、
引き出しや棚ひとつとっても、
『こういう風にしたい』と自分のイメージ通りにできるっていうのは、
すごくすごく楽しいことなんですよね。

推しのグッズや大好きなものがあるならなおさら、
そのお気に入りたちが「最高に映える」ような場所にしたいじゃない?
だから娘には祭壇(推しを飾るスペース)があります。扉付きの。

 

たまに手伝うときはありますが、
親がいない日中に、じっくり半日がかりで一人でやるのが好きだそうです。

終わった後に顔を合わせると、
非常にさっぱりして達成感いっぱいの表情をしているので、
片付けながら、娘なりにいろいろ気持ちや思い出を整理したり、
先を考えたりもするんだろうなあと思っています。

 

時々、家族の片付けについて相談を受けますが…

『まず自分の分をやりきるのが先』

なのかなあ、と思います。

自分がやりきって、
さっぱりすっきり楽しそうに生活しているのを見せるのが、
メリットが伝わりやすいのでは、と。

それから、自分以外の人が目についてくるときは、
自分の作業が中途半端になっていることが多いので…
「まだやれることあるッ!」と自分に意識を戻します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です