初夏なのでTシャツの話をします

急に気温が上がりまして、
今日は半袖Tシャツを着ております。

「Tシャツ」は老若男女誰でもOKなイメージがありますが…
もともと『下着・インナー(下に着るもの)』として作られた服なので、
それだけで着て歩くには、いろいろ工夫が必要ですね。

…大人はね!

若い時はいいんですなんでも。
よれよれでもピチピチでも。身体のハリがあるので。

あ、だから鍛えててスタイルの良い人はいくつになってもお似合い。

 

20代の終わり頃、
ある日突然、普通のTシャツが顔と似合わなくなっていることに気づきました。
初めて「加齢」を感じたときだったよね〜。

それからはVネックやスクープネックなどの首回りの開いたものを選んだり、
その時々で工夫を凝らしたり、
持たなくなったりの変遷を経て、
今は「艶のある目の細かいコットンのクルーネック・袖短め」を着ています。
素材・形を吟味した結果、なかなかのお値段となりました。

 

ざらっとしたあの「ザ・Tシャツ」を着ますと、
新品でもだらしない部屋着に溢れてしまうんだよ。私の場合。
キャラクターとかさ、ライブTシャツとかもさ。かわいいのにね。

あ、あとメッセージやイラストが入っているのも避けます。
タイポグラフィ好きなので、非常に残念ですが、
「そのメッセージやイラストと自分の性格・姿勢がリンクしてないと変」なんですよねえ。

だからパロディとかちょっと遊び心のあるようなのもNG。
ブランドパロディ買うなら本物買えよ、ということになるんだよねえええ。
すごいかわいいのにね!(号泣

 

というわけで、質は良いけど極めてシンプルなTシャツ派の私ですが…

人によっては私がNGな、
ざっくり素材、オーバーサイズ、
それからロゴやパロディ、ヴィンテージがドンピシャな人もいますからね。(羨

 

体型や好みだけでなく、
肌の質感、自分の性格、エネルギー的相性を見つつ選んで行きますと、
自分にも他人にも気に入られるものに出会えるかと思います。

 

そうそう、私、ランニングの時は
デザインされているやつもOKになります。
運動するという方向性になるからかな。
ただ、有名スポーツブランドロゴものはダメななのね…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です