藤咲、TOEICチャレンジの巻 さいご

誕生日に受けた試験の結果が来ました。

うーん。
自分的にギリッギリ及第点。

 

当たり前といえば当たり前なのかもだけど、
自宅できっちり2時間模試をやっている時の
あの集中力というか意識レベルを、本番会場でキープするのが相当難しい。

初回は緊張のせいかと思ったけども、
慣れた2回目以降でも、没入しようとすると物凄い勢いで引き戻されて、
普段は起きない雑念とか意識のブレが出て焦るを繰り返すハメになりました。

少し落ち着いて深呼吸して立て直す時間でも取れればいいけど、
とにかく制限時間との戦いのなので、なかなかきびしかったなあ。

 

TOEICという、
いろんなレベルのいろんな人の中でやる試験の難しさを感じました。
これが英検だったら、上の級になればなるほど、
受験者の質が揃いやすいので、比較的やりやすいのかもしれんー。

 

まあ、それも含めての試験結果なので…

本当にハイスコアが必要なのであれば、
少なくとも普段の勉強は毎回満点取れるくらいまでやりこむか、
「集中力を場に乱されないような訓練」とかもするのがいいのだろうし、
もっと難しい英検とかTOEFLとかそういうのにシフトするのもアリだろうしね。

 

しかし、20年以上ぶりに英語をちゃんと勉強しなおした身としては、
半年でここまで行けたと思えば、上出来っちゃー上出来。

400点すらきっと無理…とか思ってた私が、
2回目の試験でギリギリ700点届かず、悔しすぎて悔しすぎて3日落ち込んで、
なんとか最後に700点越えたことを
「まーこんなもんか…」って思えるようになっただけ、
成長した、と、いえる、かなー。

 

いやーでも久しぶりにあんなに試験勉強したので、
たのしかったですー。いっぱいやったー。

TOEICは英語の能力だけじゃなくて、
情報処理スキルが要りますので、そこも大変鍛えられました。

 

 

音楽が日本語ラップだし、声に芸人さんがたくさんだし、
何から何まで好みすぎて悶えつつも、
試験終わるまで我慢していたのをようやく思い出して、
今観ているのが『オッドタクシー』

実写でやりそうな内容なのに、アニメ。面白いー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です