要るものほど、要らない。かも。

洋服など実際に物を手放すと、
意識的なモノを手放すことになることが多いです。

逆もそう。

 

別に今も物が超少ないわけではないけど、
ちょっと前の自分の家を思い出すと「物で溢れ過ぎであったなあ」となかなかにゾッとする。

恥ずかしい話ですが、
しまい切れずに玄関のタタキに溢れる靴とか!
ハンガーに重ねて掛けてた服とか!
本棚を通り越していろんなところ占拠する本とか!

洗剤とかノベルティとかもうもうああああ(思い出して恥)

 

でも当時の私は、

「全部要る。全部使ってる。全部大事。全部好き。このために稼いでる。」

と思ってたのよね。だからそこは間違ってないのです。

物で溢れてるとかも思ってなかったもんね。
散らかってるとは思ってたけど・・・(小声

 

なので、その時の自分を否定してるんじゃないのね。

拙かったなあ、アホだなああああと苦笑いしたくはなるけど。

そして、
変わった今の自分、変わっていくこれからの自分も否定はしないようにしたいです。

 

で。

 

先週服を手放したあたりから、
なんやかんやありまして、また自分的にはおっきなことをいくつか手放しました。

 

自分にとっては、

「それを手放すのは無理!」

「むしろそれが大事なのに」

「これはしたほうがいいでしょう」

みたいなこと。

 

答えはとっととわかるどころか、悩む前にすら知っていたのに、
その答えまでのパーツを嵌めていく作業すら一瞬で、
まーーーーーったく気持ちがついていきません。

(体は異常に順応性を示すのよね。置き去りなのは私の心だけか!)

 

タイムラグ2日くらいかかります。
ようやく今朝、なんとかオチまでつきました。

多分バグはきっとあるだろうけど!もう落ち着いた!はず!

 

自分の中ですらこんな調子なので、
いくら親しかろうがなんだろうが、自分以外の人には全くもって説明不足。

説明すればするほど遠ざかる一方。

そこを無理やり「なんとかわかってほしい」と思うのもやめるのね。もう。

 

 

というわけで、
またなんだか訳のわからない方に行きそーです。ははは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です