私の基本スタンス

協会としての回答の記事の後に、
ちょっと個人的な話になりますが…

私は、そもそも『髪』に対して、スピリチュアルやエネルギーワーク的アプローチをするぞ!と
意気込んでいたわけではなくですね…

 

基本的に、
その人を調整しようとすると、必然的に全身くまなく必要なところには、
手を入れたくなるのです。

エネルギーデトックスワークで基本部位をすっきりさせていたら、
他のところも気になってくるので、そこをやるだけのことなのです。
施術するときは、

『必要なことで、自分ができることで、尚且つ自分がやって良いことであれば、全てやる』

というスタンスでして、
流れでまあ髪もすっきりするまでやるよね。っていうタイプなのですよ。私は。
(もっといろいろやるけどね)

誤解を招かないようにつけたしますが、

『自分がやっていいこと』とは、自分が出来るか出来ないかではなく、その人に対して自分がやることが適切か否か、という話です。

技術的には出来て当然なんで。

 

で、やるときはいちいち小難しいこと考えず、
ゴールに向かってひたすら手が動くだけなので、
いざ他人に教えるとかグッズ化するときに、初めて自分が何をしているのかを分析することになるわけです。

 

ぶっちゃけていうと、
だから…まあやってるのを冷静に振り返ると、

「あ、今の浄霊もやってたかな」

という感じなんですね。

でも『不要なエネルギーを抜く』という元々の目的を考えれば、
不要なエネルギーであればすべからく抜く、というのはいわば当然ですから、
後から気づいたとしても
「まあ抜いたんだからそういうのも抜くわよね。そらそうよね」と驚きもしないわけです。

 

ただ、エネルギーだけでなんとかしようとも思っていないので、

・腕の良い美容師に定期的に整えてもらう
・自分にあった高品質なシャンプー・コンディショナー・スカルプケアを使う
・髪に良いドライヤー、ヘアアイロンを使う
・髪に負担のかかるスタイリング剤は使わない
・生活習慣を整える

…なども、併せて行うのが必須だと考えております。

 

先にも書きましたが、
【やれることは全部やる】が私の基本スタンスなので、

『健やかな髪にする』という目的のために、取れる手段は全部取る

ということです。

 

実はもともとそんなに髪に関して悩みがあるわけではなかったのですが、
私は、頭(脳、首、肩)に負荷のかかることはやっている自覚があるので、
そっちが疲れてると、髪の調子もがくっと下がるのですよね。
去年末はめっちゃ髪の毛抜けてびっくりした。抜けて?っていうか切れた?
もともと多毛だから衝撃だった。

頭が疲れ切ってるのに髪だけ健康なわけないよねー、ということで、
髪にももっと意識を向けるようにした、というのもあります。

髪は、少しでも手をかけるとかなり変化がわかりやすいので、
モチベーションは保ちやすいかと思います。

 

そうそう、
髪を引っ張る、掻き毟る、抜く、やたらと掻き上げたり指に絡めたり…
などと、

「髪の毛をいじるクセ」

のある方は、まあ頭に要らんもの結構溜まってるサインでもあると思いますので、
エネルギーをすっきりさせると、思考とかもすっきりするよー。

(私も悩んでるときは髪の毛いじってると思う)

 

あと、なんかいろいろグズグズ頭の中だけで考え込んでたり、
ぐるぐるしすぎて混乱してる人は、髪の毛ぼさっとしてます。爆発してたりもします。

 

外側からのアプローチで、内側が整理されることもよくある話ですので、
試しに一度ぜひやってほしいなあ、セッションとか受けてほしいなあ、と思うんだよねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です