余白に入ってきたのは予想もしないものでした

今月の最初に、

「身の回りを最低限にしたら、時間が増えた!」

なんていう記事を書きました。

時間を増やす方法

まあ、今回は予想以上に余白ができたんだけどね。

そのうちまた何かでてくるだろうから、
今は少し、この余白を楽しもうと思いまっす。

と締めたんですけど、
そして余白に入ってきたのが、『走る』だったんですね。

(この時点ではこんなにするようになるとは思ってなかった)

 

ごそっと自分なりの最低ラインまで減らして、
そして増えたのが、

「走るための時間」
「ランニングウェアと靴」
「ランニングアプリ」
「ランニングと天気に関連する知識」

でした。
いやーびっくりびっくり。自分でもこの展開はわからんかった。

 

特になんらかの目的があるわけでもなく、
ただ「走りたい」だけでスタートしたのですが…

「適当に二日に一回くらい走ればいいかなあ」と思っていたのに、
すぐに走らない日が気持ち悪くなり、雨でできない日もあるので、

「(物理的に)走れる日は毎日行こう!」

となり。

 

「続くかわからないし適当な部屋着と普段用のスニーカーでいいや」だったのを、
勇気を出して、えいっと一式揃えたら、

「専用のウエアやシューズにしたら俄然走りやすい!洗濯もすぐ乾く!」

となり。

 

「ランニングロードに距離の標識があるから適当に走ろう」だったのを、
試しにランニングアプリをインストールして、コースをきちっと決めたら、

「毎日ちょっとずつ走れるようになって、速くなってるのわかるの楽しい!」

となりました。

 

最初の何日かでこれらを一気に揃えてしまったので、
あとは毎朝、着替えて外に出さえすればいーわけです。何も考えず楽!

ここまですると、習慣化は容易い。

 

正直、たまには「サボりたい…」と思う日もあるのですが、
どうせ絶対後で「やっぱ走ればよかった」とその日のうちに後悔するのがわかってるのでね。

洗って乾いたウェアは、チェストの上の専用のトレーに入れて置いているので、
(トレーは先月の断捨離で余ったやつ)
朝起きてお弁当と朝食を作ったら、とにかくそれに着替えて、日焼け止め塗って、
シューズ履いてイヤフォンつけて音楽流して、
ランニングアプリ起動して外に出たら、あとはそのまま進むだけ。

コースも最初に作ってあるので、
「歩いても走ってもいいから毎回同じ距離を走る」ことにしています。

 

これが私に合った方法というわけですね。

 

ぼーっとひたすら進むだけなので、
ほぼほぼ瞑想だったり内観タイムです。ただただ気持ちいい。
しんどい日は無理せずほぼ歩いてるし、
疲れてるのにがつがつ走ってる日もあります。

普通の道やジムのマシンで走るのは苦手だったのですが、
川沿いのランニングロードは人も少ないし、ぼーーーっとできるので、
めっちゃ合ってました。

 

うんと寒くなったらさすがにきついので、それはそれでまたどうするか考えて、
とりあえず来月いっぱいくらいは、楽しもうと思いまーす。

 

もちろん今朝もいってきたよ。

 

 

11/2(土)13時〜 Zoomによるオンライン会議
11/5(火)13時〜 リピーター対象対面会議 残1
11/14(木)13時〜 リピーター対象対面会議 残2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です