『休息』と『休養』のお話

泊まりでおしごとしてきました。

 

朝から移動してしごとして
くったくたでホテルにチェックインして、
そのまま着替えて走って、
戻ってシャワーしてまた着替えて早い時間にご飯を食べて、
入浴剤片手にフラフラで戻って、無理やりお風呂に入ってそのまま気絶、というのが

私の宿泊パターンです。

ご飯の後、コンビニとか薬局で買って帰る入浴剤が友です。

 

おいおいおい書いた自分もドン引きだわ。

 

たまに良いホテルに泊まっても早寝しているので、
あんまり恩恵を受けきれていない気もしますが、
ゆーたら波動が全然違うので、宿選びは大事ですだって睡眠が変わるんだもん。

私の場合は、上からも予約の時に逐一ホテルチェックが入るので、
まあその点も安心ですね(やけっぱち

 

すでにくったくたでガクガクしているので、
走るとかしてないで寝てるのもアリよりのアリなのですが、
そうすると私の精神がリカバらないから、例え荷物になっても疲れていても向こうで走りたい。

 

去年の最後の2ヶ月、

大阪・名古屋・松本・岐阜・京都・城崎・神戸・姫路・別府・湯布院・高松…と、

おうち大好きの私にしては、なかなか無茶なスケジュールをこなしていて、
後半は疲れすぎて記憶があんまりないし、
できるだけ誰にも会いたくないみたいになってたんですけど、

なんとかなっていたのは(なってないかもしれない・苦笑)
どこでも走ってたから、つまり、私にとって気が休まることをしてたからです。

 

『休息』というのは単に寝ているんじゃなくて、
心が休まるような、息がつけるような、自分が心底楽しめることをするんです。
体はしんどいかもだけど、心がふぁーーーっとなるような。

誰かとやるなにかよりは、
こういう時は、一人で自分のペースで無心でやれるほうがいいな、と思うタイプなので、
あらためて良い趣味見つけられたな自分!と自分で褒めています。

私はあとは、映画館にいくとか、好きな本を読む、とかかな。

 

「ああああ好きなことできたからもーちょっとがんばろー」みたいなやつですね。

 

そうそう、私が子育て真っ盛りの時は、
ライブやお笑いの舞台に行く時間を必死に作ってましたね!
夜中にお酒飲みながらライブDVD観てぼーっとしてるのも好きでしたねえ。

あの頃は、完全に日常から切り離された時間、非日常の空間がよかったんですよね。

まま、今も舞台には足を運んでますけども。

 

好きなことをやる時間やお金を捻出するために、
職場では一番デキる人になっていたし、残業もしないからコスパもいい社員だし、
人に教えるのもうまくなったし(休めるように・笑)
家の中でも育児も家事も協力して分担するのが当たり前にもなりましたし、
他の人の好きなことを応援できるようもなりました。いいことづくめだったよ。

今は逆に自分に時間を使えるので、
日常の中にこまめに好きなことを組み込むのが好きみたいです。

走る以外だと、戻ってきてやりたいのは、家の掃除。

掃除とランニングって…誰!誰発言!?って自分で思ってる。

そんでやっぱり買い物もしたいね。デパートとかのほうの!

 

ちなみに、「体を休める」のは『休養』のほうです。

 

どちらも大事だから、

「今自分に必要なのは『休養』『休息』か」

っていうのを、毎回自分でチェックして、適切な対応をしていくのが大切でっす。

 

もちろん事前に、対応リストを作っておくんだよ。
こういう時にはどうする、とか。そこそこ元気なうちに。

 

ほんとーは私も休養が必要だもんで、
休息だけとっててもフラッフラなわけです。メンタル優先にしただけで!

しかしーこれから毎日天気が悪いらしく…
しばらく走れないかもだし、明日明後日は養成学校の講座なので…
今日のうちに…行っとこうかな…軽めに…

追記:走ってきたー。足動かなかったー。6.5k。ははは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です